《Marimekko(マリメッコ)》のストライププリントで、大人の遊び心を加えて

fudge.jp / 2020年2月15日 13時30分

写真

お洒落な彼女の偏愛アウターガーリーからマニッシュまでお手のもの。いつもお洒落な彼女が偏愛する春アウタ...

ワンピース¥47,000/Marimekko

 

北欧を代表するデザインハウス《Marimekko(マリメッコ)》から、春を感じるとっておきのピースが到着!大人だからこそ似合う2つのアイテムをご紹介します。

 

袖を通すたび心ときめく、フラワーストライプ柄に一目惚れ。

1951年にアルミ・ラティアにより創業されたマリメッコは、独創的なプリントや色使いによって世界中に広く知られるフィンランドのデザインハウス。創業当初から一貫して掲げてきたミッションは、時代に流されることのない機能的でわかりやすいデザイン。目にするだけで力が湧いてくるような大胆なプリントと色使いで、毎日の暮らしに幸せと喜びをもたらすデザインを発信し続け、いまでは世界中に熱烈なファンを持つ大人気ブランドです。

2020年のPre-Springシーズンにマリメッコのクリエイティブコミュニティが注目したのは「ガーデニング」。ガーデニングをライフスタイルの中心に置き、蒔いた種が発芽し育っていく過程を心から楽しむ人々の情熱に着目しました。

 

ワンピース¥47,000/Marimekko

 

なんとも愛らしいお花がお行儀良く縦に並んでいる独創的なテキスタイルは、Viivakukka(ヴィーヴァクッカ/フィンランド語でラインフラワーを意味する)柄。マリメッコのレディトゥウェア(既製服)、バッグ&アクセサリー部門のヘッドデザイナーを務めるSatu Maaranen(サトゥ・マーラネン)本人が2016年に制作したプリントで、カーネーションの切り花をライン状に並べ、クラシックなピンストライプ柄を表現しています。

 

華やかながらも上品で知的な雰囲気のワンピースは、大人のお出かけ着にぴったり。忙しい朝でもこれ一枚でパーフェクトなスタイルがかなうから、柄もの初心者さんにもおすすめです。

 

ブラウス¥31,000/Marimekko

 

鮮やかなストライプ柄で、いつものスタイルをブラッシュアップ。

さらに数あるアーカイブプリントの中から今シーズンピックアップされたのが、ペンッティ・リンタが1970年代にデザインした「Kiskoraita(キスコライタ/フィンランド語でレールストライプを意味する)」柄。

タイムレスなストライプ柄と鮮やかなグラスグリーンがアクセントになって、大人の着こなしをフレッシュに盛り上げます。クールな存在感のあるデザインは、シンプルなボトムスと会わせるだけで主役級。いつものデニムやパンツとさりげなく会わせて、プレイフルな大人の着こなしを楽しんでみてくださいね。

 

Marimekko

https://www.marimekko.jp/

03-6439-1647(ルック ブティック事業部)

 

photograph:kimyongduck
styling:Rina Taruyama
hair&make:Keita Iijima(modshair)
model:
 Sakura Maya Michiki(AMAZONE)

text:Sakura Komiyama

 

「PeLuLu」の人気企画「名品図鑑」より

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング