1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. メジャーリーグ

【MLB】大谷翔平への死球は「間違いない、報復だ」 マドン監督は憤慨、敵将と意見対立

Full-Count / 2021年9月17日 7時37分

会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)

■大谷への死球を巡って相手投手と敵将が退場処分に

■エンゼルス 9ー3 Wソックス(日本時間17日・シカゴ)

 エンゼルス・大谷翔平投手への死球を巡って敵将と敵軍投手が退場になった。16日(日本時間17日)の敵地・ホワイトソックス戦の9回、大谷は6番手右腕ライトJr.の90.4マイル(約145.5キロ)のフォーシームを右ふくらはぎ付近に死球を受けた。内角への厳しい球が続いていたからか、審判団が協議。ライトJr.と右腕の退場に抗議したラルーサ監督が退場処分を受けた。試合後、マドン監督は「あれは報復だ。私たちは知っている」と語気を強めた。

 マドン監督が主張するにも理由がある。14日(同15日)のホワイトソックスとのカード初戦。4番手オルテガが5回に若き大砲ロベルトに、5番手タイラーが8回に主砲アブレイユにぶつけていた。16日(同17日)の試合後に報道陣から「オオタニの死球はわざとだと思うか?」と問われた指揮官は間髪入れずにこう答えた。

「間違いないね。私たちも2人に死球を与えていた。タイラーがアブレイユに当て、オルテガのすっぽ抜けた球が死球になった。だから、あれは報復だ。私たちは知っている」

 一方、通算91度目の退場処分を受けたラルーサ監督は「(審判団に)あれは故意じゃないと言ったんだ」と主張した。大谷は死球を受けた後に何事もなかったかのように一塁へ歩き、いざこざの最中に一塁手シーツと塁上で談笑する場面もあった。

 この日は内野安打2本で9試合ぶりのマルチ安打をマーク。復調の兆しを見せただけに、大きな故障につながらなかったことは何よりの幸いだ。(Full-Count編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング