復帰後初フル出場の日本ハム・清宮 4打席無安打も「だんだん良くなってきてる」

Full-Count / 2018年4月14日 17時47分

4打数ノーヒットに終わった日本ハム・清宮幸太郎【写真:荒川祐史】

■14日のファーム交流戦・阪神戦で「3番・一塁」でフル出場

 日本ハム清宮幸太郎内野手が14日、鎌ヶ谷スタジアムで行われたファーム交流戦の阪神戦でフル出場したが、4打数無安打に終わった。「3番・一塁」で先発出場して4度打席に立ったが、復帰後初ヒットはお預け。試合も2-7で敗れた。

 限局性腹膜炎が回復し、10日の西武戦でイースタンリーグで調整している清宮。12日の西武戦では、中犠飛でプロ初打点をマークし、徐々に復調しているところを見せた。高卒2年目の阪神才木との対戦となったこの日、初回は150キロに一ゴロ、4回は145の直球をとらえたが、中飛に倒れた。6回はフォークに一ゴロ。8回の第4打席も中飛とヒットは出なかった。復帰後2軍戦では9打数無安打となったが、復帰後初のフル出場に「(フル出場は)やっぱり楽しかった」と振り返った。

 「最初の1、2打席はあまりよくなかったが、あとの3、4打席は、高校の時の感じで、ボールの見方も(高校時代の)そういう感じ」と清宮。悩みはミートポイントのズレで「まだとらえられていない。いい感じの時はフライになって、ゴロにはならないので、悪くはない。段々良くなってはきている。細かい所は(実戦での)経験、慣れしかない」と話し、まずは多く打席に立つことをテーマに掲げていた。(細野能功 / Yoshinori Hosono)

Full-Count

トピックスRSS

ランキング