1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. メジャーリーグ

【MLB】大谷翔平、衝撃の“悪球弾”が「意味不明」 米メディア半信半疑「オーマイゴッド」

Full-Count / 2022年8月5日 8時23分

この試合2本目となる24号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

■今季5度目の1試合2発…見逃せば完全ボールなのに24号

■エンゼルス ー アスレチックス(日本時間5日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、本拠地・アスレチックス戦に「2番・指名打者」で先発出場し、今季5度目となる1試合2発と爆発した。初回の先制23号ソロに続き、7回には“超悪球打ち”の24号ソロ。米メディアも理解に苦しんだようで、一斉に伝えた。

 外角の球を逆方向に放り込んだ1発目からは一転、見逃せば完全にボールの内角への球を強引に仕留めた。引っ張った打球は楽々と右翼スタンドに着弾。打球速度107.1マイル(約172.4キロ)、飛距離399フィート(約121.6メートル)。角度39度のムーンショットだった。

 米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」の元記者ブレント・マグワイア氏は、投球チャートを添えて「ショウヘイ・オオタニがこの球をどうやって本塁打にしたのか、意味不明」とポツリ。「ジ・アスレチック」の公式ツイッターは「ロケット発射、ショウヘイ・スタイル」と速報した。

 ジョージア州のメディア「WRBL News 3 Sports」のスポーツディレクター、レックス・カスティーヨも「オーマイゴッド、オオタニはモンスター!!! 史上最高だ……」とありったけの絶賛の言葉を並べた。ただ、大谷の2発を含めてチームは6本塁打を放っているのにビハインドの展開。カオスな試合となっている。(Full-Count編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー:参加する
ウィークリー:参加する
マンスリー:参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください