【MLB】大谷、打球速度TOP2の圧巻マルチ 敵地メディア脱帽「荘厳な本塁打」「天才」

Full-Count / 2018年5月11日 18時23分

マルチ安打を放ち勝利に貢献したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

■今季7度目マルチで勝利に貢献、敵地メディアは「オオタニとエンゼルスの前に倒れる」

 エンゼルスの大谷翔平投手は10日(日本時間11日)、本拠地ツインズ戦で4打数2安打2打点と活躍した。3回にスピードを生かした適時二塁打を放つと、7回には7試合ぶりの一発となる豪快な5号ソロを放ち、今季7度目のマルチ安打を記録。チームを7-4での勝利に導いた。敵地メディアは「荘厳なホームラン」「二刀流の天才」と脱帽している。

 圧巻の打撃だった。3回2死二塁の第2打席で、大谷は右腕ベリオスの84マイル(約136キロ)のチェンジアップを捉えた。右中間にタイムリーを放つと、圧倒的な走塁スピードでセカンドへ。二塁到達タイムは今季チーム最速の8.07秒を記録した。さらに、2点リードで迎えた7回の第4打席では2死走者なしの場面でサイド右腕ヒルデンバーガーの速球を完璧に捉え、中堅左に突き刺すソロ弾。飛距離414フィート(約126.2メートル)の5号ソロとなった。

 敵地ミネアポリスの地元紙「パイオニア・プレス」は「ツインズは応酬に耐えきれず。ショウヘイ・オオタニとロサンゼルス・エンゼルスの前に4-7で倒れる」との見出しで特集した。記事では、「日本のルーキーセンセーション、ショウヘイ・オオタニは7回にトレバー・ヒルデンバーガーから荘厳なソロホーマーを、ロックパイルに放った」と言及。エンゼルスタジアム名物の岩場のようなモニュメントに突き刺さった5号ソロを称賛している。

■打球速度は179キロ&175キロ、敵地メディアが白旗「二刀流の天才」

 そして、大谷がこの試合で打球の最速トップ2を記録したこともレポート。3回のバリオスから放った二塁打は111.4マイル(約179キロ)でこの試合の両軍最速。「荘厳なソロ弾」は108.7キロ(約175キロ)で両軍2位のスピードだったという。

 また、同じく敵地の地元紙「スタートリビューン」でも「トレバー・ヒルデンバーガーは7回2死としたが、オオタニが初球をセンターまで放ち、3万127人の観衆を立ち上がらせた。二刀流の天才は4打数2安打で1本塁打、2打点だった」と大谷の活躍を高く評価している。

 記事では「我々は慎重に投げなければいけない。彼に内角を意識させたいが、もしも、ミスを犯してしまえば、彼は(失投を)ヒットにしてしまう」というツインズのポール・モリター監督の称賛の声も紹介した。

 昨季はワイルドカードでプレーオフに出場した強敵ツインズ。5連勝でアナハイムに乗り込んできたが、この日はエンゼルスに競り負けた。ミネアポリスのメディアも大谷の冴え渡る打棒に白旗をあげている。(Full-Count編集部)

Full-Count

トピックスRSS

ランキング