【MLB】田澤純一、1死しか取れず3失点で降板 チームは同点に追いつかれる

Full-Count / 2018年5月17日 10時10分

マーリンズ・田澤純一【写真:Getty Images】

■4点リードの6回に救援も3安打3失点

 マーリンズの田澤純一投手が16日(日本時間17日)の本拠地ドジャース戦で6回に2番手として登板し、1/3回を投げ3安打3失点だった。

 4点リードの6回からマウンドに上がった田澤。いきなり先頭のピーダーソンに中越え二塁打を許すと、ターナーを右飛に抑え1死三塁。だが、続くグランダルに右前タイムリー、ベリンジャーには右翼線二塁打を浴び1死二、三塁とピンチを広げ降板となった。

 さらに、あとを受けた3番手のステッケンライダーが2本のタイムリーを許しチームは同点に追いつかれた。田澤の防御率は8.05まで上昇した。(Full-Count編集部)

Full-Count

トピックスRSS

ランキング