1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. 野球

23歳に遠い快音…打率.000も「乗ってきますよ」 責めない新庄監督の“思考”

Full-Count / 2024年4月3日 10時35分

日本ハム・野村佑希【写真:矢口亨】

■野村は4打数無安打…これで開幕から出場3試合で11打数無安打3三振

■楽天 4ー2 日本ハム(2日・エスコンフィールド)

 日本ハムは2日、エスコンフィールドで行われた楽天戦に2-4で敗れた。「5番・三塁」で出場した野村佑希内野手が2度の好機で凡退するなど4打数無安打。開幕から出場3試合、11打席でいまだ打率.000と「H」ランプが遠い。

 本拠地開幕戦に駆け付けた3万人超のファンから、深いため息が漏れた。野村は6回に1点差に迫りなおも1死一、二塁から、ターリーの変化球に空振り三振。7回2死満塁からは三ゴロに倒れて天を仰いだ。

 これで11打数無安打、3三振。まだ4試合を消化しただけとはいえ、打線の中心になるべく23歳の“生みの苦しみ”は心配したくもなる。しかし新庄剛志監督は「まだ始まったばかり。1本、内野安打かポテンヒットが出れば乗ってきますよ」と全く意に介さなかった。

 それどころか「マルティネスもタイムリーが出て、万波くんも出て、レイエスもいい当たり(6回に左飛)でしたね」と中軸に当たりが出始めたことにプラス要素を見出していた。

 開幕戦セレモニーで誰よりも大きな歓声を浴びた指揮官。ファンの期待は、痛いほどに感じている。「ゲーム的には、粘って逆転の展開に持っていけた。勝ちがつかないと意味がないですけど、これをまたロッテ(との開幕カードの)3戦目のように逆転して、この球場だとサヨナラの場面が増えてくるんで、それで喜ばせたいなと思います」。

 2年連続最下位からの反撃へ、まだまだシーズンはここから。昨年までとは違うところを見せるためにも、まずは野村のバットに快音が欲しい。(町田利衣 / Rie Machida)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください