場内騒然、CSで約10分間のリプレー検証 審判団は「何度も何度も確認した」

Full-Count / 2018年10月22日 6時20分

1度目のリクエストでアウトの判定を下す審判【写真:福谷佑介】

■試合の行方を左右するプレー「確信の持てる映像がなかったので判定どおり」

 パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第5戦が21日にメットライフドームで行われ、ソフトバンクが西武を6-5で破った。4勝2敗(西武のアドバンテージ1勝を含む)として、2年連続の日本シリーズ進出が決定。この大一番で、場内が騒然となるプレーがあった。

 5回。3点を追う西武がソフトバンク先発の高橋礼から、ようやく2点を返して1点差に。さらに、2死から秋山が内野安打で出塁すると、ソフトバンクはモイネロを投入した。続く源田への5球目に秋山がスタート。しかし、強肩の捕手・甲斐が二塁に送球し、判定はアウトとなった。

 秋山はその瞬間に両手を広げてセーフの仕草。すると、辻監督が2度目のリクエストを要求した。この試合、西武は2回にも二塁上のプレーでリクエストを要求して成功。判定が覆っていた。

 メットライフドームのスクリーンで映像が流されると、西武ファンが大きく沸く。リプレー検証の時間は5分以内と決められているが、このプレーの確認は約10分に渡り、場内はざわめいた。そして、結局判定は覆らずにアウトのまま。西武ファンからはブーイングが起こり、メットライフドームは騒然となった。あまりにも際どいプレーだった。

 試合後、審判団はこのジャッジについて「確信の持てる映像がなかったので、判定通りとした。5分の制限時間は分かってはいたが、大事な場面だったので、何度も何度も確認した」とコメントした。審判団も、このプレーが試合の行方を左右することを理解した上で、慎重に結論を出した。(Full-Count編集部)

Full-Count

トピックスRSS

ランキング