【日本S】鷹・甲斐、育成出身初のシリーズMVPにも「まだまだ力不足」

Full-Count / 2018年11月3日 23時48分

試合後、会見に臨んだソフトバンク・甲斐拓也【写真:藤浦一都】

■6度の盗塁企図を全部阻止、広島の機動力を封じる

■ソフトバンク 2-0 広島(3日・マツダスタジアム)

 ソフトバンクの甲斐拓也捕手が、日本シリーズの最高殊勲選手(MVP)に輝いた。3日、敵地マツダスタジアムに舞台を移して行われた日本シリーズ第6戦。ここまで4連続盗塁阻止を記録していた鷹の扇の要は、初回、2回と2イニング連続で盗塁を阻止。広島の機動力を完璧に封じ込み、6連続盗塁阻止の日本シリーズ新記録を樹立して最高殊勲選手に選出された。

 最後まで刺し続けた。この試合まで4連続盗塁阻止と圧巻の活躍を続けてきた甲斐。一躍、全国区となった“甲斐キャノン”が、日本一を決めた第6戦でも炸裂した。初回2死一塁で広島のリードオフマンの田中がスタート。甲斐の送球はストライクを捕球した西田のタッチは田中の腕へ。審判の判定はセーフだったが、工藤公康監督のリクエストによるリプレー検証で判定が覆った。これで5連続盗塁阻止で日本シリーズ新記録となった。

 さらに2回2死一、三塁の場面。2ストライクから石原への3球目に一塁走者の安部がスタート。高めに外れたボール球をキャッチした甲斐は素早いステップで、ストライク送球。悠々と安部を刺し、さらに記録を更新する6連続盗塁阻止となった。このシリーズで6度企図された盗塁を全て刺し、阻止率10割で頂上決戦を終えた。

 試合後、工藤公康監督、選手会長の柳田悠岐外野手とともに会見に臨んだ甲斐は「プレッシャーはもちろんありましたけど、怖い部分もあったんですけど、ピッチャーもカバーしてくれた。バンディもクイック、牽制してくれて助けてくれた。まだまだ力不足なところはたくさんある。もっともっと勉強して投手をリードできるように力をつけていきたいです」と語っていた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

Full-Count

トピックスRSS

ランキング