【日米野球】侍・柳田、大興奮の豪快サヨナラ弾 “ギータ節”炸裂「シンプル・イズ・ベスト」

Full-Count / 2018年11月9日 22時22分

逆転サヨナラ弾を放った侍ジャパン・柳田悠岐【写真:Getty Images】

■侍を先勝に導く一発、“ギータ節”も炸裂「シンプル・イズ・ベスト」

■侍ジャパン 7-6 MLBオールスター(9日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが対戦する「2018日米野球」は9日、東京ドームで第1戦が行われ、侍ジャパンが7-6で劇的なサヨナラ勝利を飾った。土壇場の9回に柳田悠岐(ソフトバンク)が逆転2ラン。試合後にはお立ち台に上がり、「最高です!」「ミラクル!」と“ギータ節“を炸裂させた。

 2点差で迎えた9回。侍ジャパンは1死から代打・上林がヒットで出塁すると、秋山は三振に倒れたものの、二盗に成功。2死二塁でイエーツから會澤翼(広島)がタイムリーを放ち、1点差に迫った。そして、柳田がセンターバックスクリーンへ豪快な逆転サヨナラ2ラン。打った瞬間に確信した柳田はベンチを指さしながら一塁へ。柳田らしい豪快弾に球場は悲鳴のような大歓声に包まれた。

 試合後、柳田はお立ち台で「最高です!」と絶叫。劇的な勝利に「ミラクルです!」と振り返った。「もうホームランかなと思ったんで、よかったです。来た球を、当たる球をしっかり当てると。その中で自分のスイングをしようと思いました。シンプル・イズ・ベスト。ありがとうございます!」。“ギータ節”が炸裂した。

 MLB選抜に「かっこいいっす」と敬意を示しながら「たくさんのファンの方に来てていただいて、選手も本当は休みなんですけど、こんだけたくさんのファンの方に応援されて、本当に野球やれてよかったなと思います」とファンに感謝した柳田。メジャーリーガーと遜色ないパワーを初戦から見せつけた。(Full-Count編集部)

Full-Count

トピックスRSS

ランキング