元ホークスのラミゴ陽耀勲が“ロッテ開幕投手撃ち”! ラミガールズも狂喜乱舞

Full-Count / 2019年3月15日 14時3分

■G陽岱鋼の実兄がロッテとの交流試合で「9番・右翼」で先発出場 即タイムリー

■ロッテ – ラミゴ(交流試合・15日・ZOZOマリン)

 台湾ラミゴモンキーズの陽耀勲外野手が15日、「9番・右翼」で先発出場。2回の第1打席で右翼線適時二塁打を放った。

 1点先取した2回2死一、三塁。ロッテの開幕投手、石川の高めに浮いた直球を叩きつけるように振り抜いた。右翼線へライナーへ伸びる一打は2点リードに広げる適時二塁打となった。三塁ベンチ上で声援を送る美人チア「ラミガールズ」も狂喜乱舞の一打となった。

 巨人の陽岱鋼は実弟にあたる。ソフトバンクでは最速155キロと武器とする左腕として、通算38試合登板し、5勝5敗、防御率3.08。13年シーズン限りでソフトバンクを退団し、14年はパイレーツ傘下でプレー。15年のラミゴ加入後に故障のため外野手に転向した。久々の日本での試合で快音を飛ばし、健在ぶりをアピールした。(Full-Count編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング