【MLB】菊池雄星、メジャー初勝利で語った西武への感謝「思いを強く持ちながら」

Full-Count / 2019年4月22日 8時42分

メジャー初勝利を挙げたマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】

■トラウト&プホルスと対戦「スーパースターとの対戦もモチベーション」

■マリナーズ 6-5 エンゼルス(日本時間21日・アナハイム)

 マリナーズの菊池雄星投手が、待望のメジャー初勝利を掴んだ。20日(日本時間21日)、敵地でのエンゼルス戦に先発し、5回10安打4失点。毎回、走者を背負いながら粘りの投球でリードを守り、バトンを託されたリリーフ陣も冷や汗をかきながら逃げ切った。

 苦しい投球だった。序盤から毎回走者を背負い、3者凡退は一度もなし。3回にプホルスに左翼線への適時二塁打、4回にはコザートの犠飛を許して1点ずつを失った。3点リードの5回にはルクロイ、グッドウィンの適時打で2点を奪われ、1点差まで詰め寄られたが、なんとか踏ん張って必死にリードを守った。

 嬉しいメジャー移籍後初勝利を掴んだ菊池。「1番アメリカに来ることを喜んでくれた父親でしたし、直接、お参りにも行けてない中で、まだ会えるんじゃないかという気持ちがどこかにあったりして、まだ実感もないのが正直なところ。最高の父親でしたし、いい報告ができると思います」と、3月31日に亡くなった父・雄治さんへの思いととも感謝の思いを語った。

 この亡き父への思いとともに、感謝の思いを語った相手がいる。それが、昨季まで在籍した古巣・西武と、これまで応援してくれた西武ファンに対してだった。「日本の皆さんに送り出してもらってここにいる。待ってくださるファンの皆さん、1番は西武にいい報告できるように、成長したところを見せられるようにというのが1番のところ。西武への思いは強く持ちながら、やっていきたいと思います」と語った。

 3回にはエンゼルスのトラウトを見逃しの3球三振に仕留め「ピンチの場面は力が入りましたし、いい結果になって良かったと思います」と振り返った菊池。プホルスにはベーブルースに並ぶ史上5番目の1992打点目となる適時二塁打を許し「スーパースターの選手と戦えるのもメジャーに来たモチベーション。スーパースターと対戦できるというのは楽しみの1つですけど、ああいうバッターを抑えていくことで勝ちも増えてくると思います」と語っていた。(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング