【MLB】大谷翔平、第1打席は好機で強烈な二直 出るか2試合ぶりホームラン

Full-Count / 2019年5月16日 2時15分

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

■前日の試合ではメジャー通算100安打を達成し今季初の猛打賞をマーク

■ツインズ – エンゼルス(日本時間16日・ミネソタ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地ツインズ戦で「3番・指名打者」で3試合連続でスタメン出場。第1打席は二直に倒れた。

 初回無死一、二塁で迎えた第1打席は先発右腕オドリッジと対決。1ストライク2ボールからの4球目を叩いた打球は詰まりながらも二塁への強烈なライナーとなった。

 この日の試合前には2日ぶりに投球練習を行った大谷。術後最長115フィート(約35メートル)の距離を取って10球。計75球を投げ「投手・大谷」としてのリハビリも順調に進めている。

 前日の同戦ではメジャー通算100安打を達成し自身5度目、今季初の猛打賞をマークするなど4打数3安打1打点の大活躍。さらに3試合連続マルチ安打、3試合連続打点中と打撃は絶好調だ。(Full-Count編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング