【MLB】大谷翔平、右手薬指負傷も骨に異常なし 指揮官は欠場視野「早いうちに戻れる」

Full-Count / 2019年5月21日 15時5分

投球が直撃し苦悶の表情を浮かべたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

■第4打席で右手薬指に投球が直撃、レントゲン検査で骨に異常なしも腫れ残る

■ツインズ 3-1 エンゼルス(日本時間21日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が20日(日本時間21日)、本拠地ツインズ戦で「3番・指名打者」で7試合連続でスタメン出場したが3打数無安打、3三振に終わり2試合連続ノーヒット。第4打席でスイングした際に右手薬指にボールが直撃し苦悶の表情でベンチに引き下がった。試合後、オースマス監督は「ショウヘイは早いうちに戻れる」と語った。

 大谷にアクシデントが起きたのは2点を追う8回の第4打席。左腕ロジャースが投じた内角直球をスイングした際にボールが右手付近に直撃。大谷は思わずバットを放り投げると、苦悶の表情を浮かべしばらくしゃがみ込み動くことができなかった。

 大谷は試合後にレントゲン検査を受け骨には異常がなかったが、患部は腫れが残っているようで21日(同22日)にトレーナーが再度チェックを行う予定。オースマス監督は「ショウヘイは早いうちに戻れる」と次戦の出場を明言しなかった。

 この日は第1打席で四球を選び8試合連続出塁をマークしたが、第2打席目から3打席連続三振と快音響かず2試合連続ノーヒットとなった。ここまで12試合に出場し打率.250、2本塁打、8打点。右手の状態次第では次戦の出場を回避する可能性も出てきた。(Full-Count編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング