巨人今村、今季の打率は驚異の5割に 自ら中前適時打放ち2打数2安打

Full-Count / 2019年5月23日 19時41分

巨人・今村信貴【写真:AP】

■今村は3回の第1打席でも左前安打を放ち、今季6打数3安打

■巨人 – DeNA(23日・東京ドーム)

 巨人の今村信貴投手が、自らのバットで援護点を送った。23日、東京ドームでのDeNA戦。この日出場選手登録され、先発マウンドに上がった左腕は4回の第2打席で見事な中前適時打を放った。

 初回、先頭の神里に中前安打を浴びた今村だったが、宮崎、ソト、筒香を3者連続三振を奪って無失点に切り抜けた。2回以降も毎回走者を背負う投球となったが、粘りの投球で4回までゼロを並べた。

 すると、粘投する左腕を打線が援護した。この回先頭の岡本が内野安打で出塁すると、亀井が右中間を破る適時三塁打を放ち、1点を先制。さらに大城が右前適時打で続くと、山本も二塁打。1死二、三塁で打席に立った今村は1ボールからの2球目を捉えて中前適時打を放った。

 今村は3回の第1打席でも左前安打を放っており、2打数2安打とバットでも活躍。今季は6打数3安打となり、打率5割となった。この回、さらに田中にも適時打が飛び出すなど、リードを奪った。(Full-Count編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング