阪神、逆転CS諦めない! 代打鳥谷決勝打、7投手が無失点リレー DeNAは3連敗

Full-Count / 2019年9月22日 21時23分

阪神・矢野燿大監督【写真:荒川祐史】

■阪神は4位中日とゲーム差なし、3位広島と1.5ゲーム差に

■阪神 3-0 DeNA(22日・甲子園)

 阪神が逆転でのCS進出に望みを繋いだ。22日、本拠地甲子園でのDeNA戦。代打・鳥谷の適時打などで奪ったリードを7投手のリレーで守り切って2連勝とし、4位中日とゲーム差なし、3位広島との差を1.5ゲームに縮めた。

 5回1死一、二塁のチャンスで代打鳥谷が左前適時打を放って先制。近本の犠飛で1点を追加すると、6回には梅野の適時打で1点を加えた。先発の望月は4回途中無失点。その後、能見、ガルシア、岩崎、島本、ドリスと繋いで、最後は藤川が締めくくった。先発のガルシアをリリーフで起用する執念の継投で逃げ切った。

 DeNAは終盤で痛い3連敗。先発のバリオスが6回途中3失点と粘投しながら、打線が阪神投手陣の継投策の前に1点も奪えなかった。3位の広島との差が1.5ゲームと縮まった。(Full-Count編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング