【MLB】「全ての人を危険に晒した」ド軍ターナーを徹底調査へ ファンは非難「最低なヤツ」

Full-Count / 2020年10月29日 10時29分

マスク姿でセレモニーに参加したドジャースのジャスティン・ターナー【写真:AP】

■大リーグ機構「決断は間違っている。選手会と協力して徹底した調査を始めている」

 大リーグ機構は28日(日本時間29日)、新型コロナウイルス感染が判明したにも関わらず、ドジャースの優勝セレモニーに参加したジャスティン・ターナー内野手について声明を発表。「接触した全ての人を危険に晒した。コミッショナーのオフィスは2020年の共同オペレーションマニュアルに基づき、選手会と協力して、徹底した調査を始めている」と調査を進める考えを明らかにした。

 ターナーは27日(同28日)のレイズとのワールドシリーズ第6戦の試合中に新型コロナウイルス感染が判明。8回守備から途中交代し、隔離措置を取られていたが、試合後にはフィールドへ。マスクを外して集合写真に納まるなどしていた。MLBは「ターナーが我々が共同で同意したプロトコルと、他人の安全と保護のために出された指示を無視したことは明らか。(世界一を)祝いたいという気持ちは理解できる一方で、隔離された場所を離れてフィールドに入ったという決断は間違っていて、接触した全ての人を危険に晒した。MLBの警備員がターナーにフィールドにいるのは問題だと提起したとき、彼は断固として聞き入れることを拒否した」と問題視した。

 ターナーは自身のツイッターで「体調は凄くいいし、症状も全く出ていないよ。僕の仲間たちとフィールドで祝福できなかっただなんて、信じられないよ! このチームを凄く誇りに思うし、ロサンゼルスの街のことを思うと僕も信じられないくらい嬉しい気分さ」と歓喜した。しかし、ファンからは「だけど、君は、マスクなし、距離なしで、祝ってた……最低なヤツだな」「このターナーってヤツは明らかにチャンピオンじゃないな」「今、トロフィーとチームメートと一緒に座って、マスクを取ったビデオを見た。嘘がばれたね!」「自分勝手だな。パンデミックって何?って感じかな」「自己中心的で、酷い行動。君が大丈夫でも他の人は分からないだろう?」「何考えてるんだ? たくさんカメラがあることぐらい分かってただろう?」「すごい残念な行動。LAで多くの人があなたのことをアイドルだと思っているのに」などと不動の三塁手の問題行動を非難する声が集まっている。(Full-Count編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング