Amazonの配送センターが凄いことになっている

FUTURUS / 2014年12月4日 14時10分

12月1日、米Amazonは「第8世代」と呼ばれる最先端の物流センターを公開した。

公開された動画は記事の最後に掲載しているのでご覧頂きたいが、まるでSF映画に出てくる宇宙物流センターの様な映像が見られる。ただ、そこで働いているのは今のところ宇宙人では無く、地球人だが。

そして人間以上に働いているのが多数のロボットたちだ。これらはAmazonが2012年に買収したロボット企業Kiva systemのロボットだ。

これらのKivaロボットたちは、全米で10箇所にある第8世代の物流センターで1万5000台が働いているという。そのロボットたちの動きが面白い。

■ ロボットたちが働いているSFチックな現場

かねてからAmazonの物流センターは過酷な労度環境であると言われていた。とにかく移動しなければならない距離が長い。一説に依れば1日に20km以歩く人もいるという。

もちろん、その分人件費がかさんでいることも同社の課題となっていた。それでも繁茂期には人手不足に陥っていたのだ。この人員の増減調整が難しい。

例えば感謝祭開けの月曜日はネット注文による莫大な黒字が出ることから「サイバーマンデー」と呼ばれているが、このピーク時に人員の投入が間に合わなければ、遅延が発生するリスクもある。

そこで前述の通り、2012年にロボット企業Kiva systemを買収し、これらの課題解決に取り組んできた。

その結果、1万5000台を超えるロボットを配置することで500億円から1,000億円の人件費削減が見込めるようになったという。

現場の担当者によれば、Kivaがコントロールセンターからの指令によって目的の商品の棚自体を担当者の所まで運ぶため、作業効率は従来のなんと2倍から3倍に向上したという。

また、Kivaの特徴として、棚の真下に潜り込んで自らが棚のキャスターとなり異動するために、人やフォークリフト用の通路や空間を必要とせず、その分同じスペースでも取り扱える商品を増やすことが可能になっている。

この最新物流センターでは、Kiva以外にも、最大級のロボットアームである「Robo‐Stow」が設置され、大量の在庫商品を移動する効率を高めている。

これらのロボット化だけではなく、在庫受領システムや注文処理を支援するシステムとして、従業員が容易に操作できるグラフィカルなコンピュータシステムも導入した。

■ ロボットは人の仕事を奪うのか

Amazonは2013年のクリスマスに、12月25日までに届けることを保証した商品の一部を配送できなかったという事態を発生させてしまった。

もっとも、このときの原因は米西部の吹雪により、配送業者のUPSやFedEXが配達遅延を発生させたことが原因だったが、発送元のAmazonの遅延であるという不満を顧客に持たれてしまったかもしれない。

そこでAmazonはユーザーの信頼を取り戻すために、2014年の10月にはホリデーシーズンに向けて約8万人の人員を(臨時雇用ではあるが)増員することを発表し、さらに物流センターの先進性を公開したと考えられている。

しかし実際にロボットたちが働いている姿を見せられると、単純労働だけでなく、そこそこ複雑な仕事からも人はよく言えば「開放」され、悪く言えば「仕事を奪われ」ていくのだと実感でき、少々微妙な気分になる。

*画像出典:Amazon Unveils its Eighth Generation Fulfillment Center [via BusinessWire] | YouTube

FUTURUS

トピックスRSS

ランキング