週刊少年ジャンプ『こち亀』が40年の連載に幕 単行本200巻が最終巻に

ガジェット通信 / 2016年9月3日 21時45分

週刊少年ジャンプにて連載中の『こちら葛飾区亀有公園前派出所』、通称”こち亀”。40年の長きにわたり連載している作品で、単行本はこれまでに199巻が刊行されている。

9月3日、作者の秋本治先生がその国民的作品の連載終了を発表。9月17日発売のジャンプが最終回となり、単行本は200巻が最終巻となるという。

作者が健在な間は、連載はずっと続いていくと思っていた方も多かったようで、ネット上ではかなりの衝撃をもって受け止められていたようである。

個性的なラテアートでおなじみの”じょーじ”さん(@george_10g)は発表後すぐに‏

#本日の暇カプチーノ、『こち亀40年の連載終了へ!』。

今月でとか急すぎる…!

とツイートし、主人公の両さんこと両津勘吉のラテアートをアップ。仕事の早さに賞賛の声があがっていたようだ。その後、作中ではおなじみの大原部長が両さんを叱る場面もアップしていた。

果たして最終回はどんなものになるのだろうか、注目されること必至であろう。

※画像は『Twitter』より引用

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング