「『こち亀』を終了させるとは驚いた」 小林よしのりさんが同期の秋本治さんにメッセージ

ガジェット通信 / 2016年9月4日 22時10分

9月3日、週刊少年ジャンプの名物漫画である秋本治さんの『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(通称”こち亀”)の連載終了が発表された。40年間にわたって連載されてきた人気作品とあって、多くの人が同作の思い出について語っていた。

9月4日、漫画家の小林よしのりさんは自身のブログを更新し

「こち亀」終了で新たな挑戦に期待

http://yoshinori-kobayashi.com/11213/[リンク]

というエントリーをアップした。小林さんと秋本さんはともに1976年に週刊少年ジャンプで連載を開始したいわば”同期”で、『こち亀』の初期にたびたび登場していたミュージシャンの「チャーリー小林」は小林よしのりさんがモデルではないかと言われている。

ブログで小林さんは

「こち亀」を終了させるとは驚いた。

ペンを持てなくなるまで描くかと思っていた。

と連載終了に驚くとともに、これまで長きにわたって連載を続けてきたことに対し

自分の意欲と人気投票、どちらかが崩れたら連載は続かない

と、その難しさについて語る。そして、秋本さんの新しい挑戦に期待し

なにより60歳過ぎてまだ健康というのが神の恵みだ。

兎と亀に例えたら、わしが兎で秋本くんが亀と思っていたが、

どうやら二人とも長距離マラソンのタイプだったようだ。

まだ過去を振り返るのは早い。レースの途中だ。

わしはようやく折り返し地点を回ったと思っている。

お互い、頑張ろうじゃないか。

と結んでいる。

※画像は『小林よしのりブログ』より引用

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング