自宅のテレビでピコ太郎の「ティーヴィーアベマアベマティーヴィー」は実現できるのか

ガジェット通信 / 2016年12月8日 17時0分

インターネットテレビ局『AbemaTV(アベマティーヴィー)』は、2016年11月2日に1000万ダウンロードを突破したことを発表。これを記念して、『ガジェット通信 ネット流行語大賞 2016』でも「PPAP/ペンパイナッポーアッポーペン」が金賞に輝いたピコ太郎さんを起用したテレビCMが放映され、なんとも旬すぎるタッグが実現しました。

PPAP ピコ太郎 初CM|AbemaTV 1,000万ダウンロード突破記念 ピコ太郎篇 30秒(YouTube)

https://youtu.be/pGPVNU8HH1g

『PPAP/ペンパイナッポーアッポーペン』の歌詞をアレンジしたこのCM。「Abe」に「maTV」を合わせた「AbemaTV」と、「A」に「bemaTV」を合わせた「AbemaTV」をそれぞれ作り、さらに合体させると……。

「ティーヴィーアベマアベマティーヴィー」になる、というもの。強引すぎる「ティーヴィーアベマアベマティーヴィー」というワードに破壊力があり、思わず声に出して言いたくなってしまいます。

というわけで、この「ティーヴィーアベマアベマティーヴィー」が実際に作れないかどうか、試してみることにしました。

筆者のスマートフォンには、『AbemaTV』のアプリがインストールされています。

サイバーエージェントさんから、この企画のために“アベマくん”のぬいぐるみを借りてきました。意外とカワイイです。

編集部の会議室にはテレビがあります。これを横一列に並べれば、「ティーヴィーアベマアベマティーヴィー(TV – Abema – AbemaTV)」の完成です。

せっかくなので、テレビ画面には『AbemaTV』の画面を映してしまいましょう。テレビに『AbemaTV』の画面を映す方法はいくつかありますが、今回はGoogleの『Chromecast』を使用します。

準備はカンタン。テレビのHDMIポートに『Chromecast』を差して設定を済ませたら、『AbemaTV』アプリを起動して画面右上のキャストアイコンをタップするだけです。

テレビで番組を見ながら、スマートフォン画面で『AbemaTV』のほかのチャンネルの番組を視聴できたり、番組表をチェックできるのもなかなか便利。

結論:

自宅のテレビで「ティーヴィーアベマアベマティーヴィー」を実現しようと思えばできる。

ただし、アベマくんのぬいぐるみは非売品で入手困難なので、年末年始は自宅のテレビに『AbemaTV』を映してゆったりと「ティーヴィーアベマティーヴィー」を楽しむのがよいのではないでしょうか。大晦日には『フリースタイルダンジョン』の“コウハク”特番『AbemaTV presents フリースタイルダンジョン東西!口迫歌合戦』、元日には音楽番組『AbemaTV新春記念特別番組 BPM~BEST PEOPLE’s MUSIC~』といったオリジナル番組の放送が控えているほか、人気のアニメチャンネルでは『君の名は。』が大ヒット、新海誠監督作品の年越し一挙放送、『とある科学の超電磁砲』『ソードアート・オンライン』など深夜アニメチャンネルの視聴数上位シリーズ一挙放送など企画が盛りだくさんです。

『Chromecast』のほかにも、Amazonの『FireTV』『FireTV stick』から『AbemaTV』アプリを利用したり、『Apple TV(第4世代)』に『AbemaTV』アプリをインストールすることで、テレビに『AbemaTV』を映して楽しむことができます。

AbemaTV(アベマTV) | インターネットテレビ局

https://abema.tv/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング