コーヒーのフォースウェーブが来るぞ! パナソニックから焙煎サービス『The Roast』開始

ガジェット通信 / 2017年1月19日 20時30分

「自宅でとことん美味しいコーヒーを飲みたい!」そんな願望を叶えるサービスが登場。パナソニックからコーヒーサービス事業『The Roast(ザ・ロースト)』が4月上旬より開始します。

『The Roast(ザ・ロースト)』は、スマートホンで簡単に操作できる家庭用コーヒー焙煎機を使って、毎月届く生豆を自宅で手軽に本格焙煎できるというもの。注目の焙煎機の使い方とともにご紹介いたします。

豆の焙煎度や鮮度にまでこだわった自家焙煎『The Roast(ザ・ロースト)』

『The Roast(ザ・ロースト)』では、コーヒー輸入商社の石光商事株式会社のこだわりの生豆を使用。

季節ごとの4つのテーマに沿った世界各地の豆が毎月お届け。世界中のコーヒーを飲み比べられる仕組みに。

焙煎の味わいは、2013年焙煎世界大会チャンピオンの後藤直紀さんと提携。極上の味わい深い焙煎コーヒーに仕上がっています。

『The Roast(ザ・ロースト)』焙煎機の使い方は?

専用のアプリで豆のパックに印刷されたQRコードを読み取ります。

1種類の豆に“浅煎り”、“中煎り”、“深煎り”の3パターンの焙煎プロファイルが用意。同じ豆でも焙煎度による味や香りの違いを楽しめます。

ロースト開始ボタンを押します。

すると、豆を投入のお知らせが表示。

新開発の家庭用熱風式焙煎機で、きめ細やかな温度・風量制御を実現。サイクロン技術を利用して、雑味の原因になるチャフ(生豆の表面の皮)を除去します。

焙煎時間は、豆によって違いますが、10分~15分程度。

焙煎によるコーヒーの難しい味づくりは後藤直紀さんが手掛けており、まさに究極のコーヒーが自宅で堪能できるように。匠の技が光る焙煎したてのコーヒーは格別! パナソニック、コーヒーサービス事業『The Roast(ザ・ロースト)』は4月上旬から開始予定。

なお新サービスですが、生産者・専門家とのパートナーシップを構築するサービスは今後拡充予定。和食のサービスも展開予定。

公式サイト

パナソニック

http://panasonic.jp/

製品詳細情報

サービス名称『The Roast(ザ・ロースト)』

品名スマートコーヒー焙煎機生豆パック(1種200g入)

価格(税抜)100,000円 契約コース1年間※3(12回の定期頒布)

どちらかを選択できます

・生豆パック:3種セット(5,500円/月)

・生豆パック:2種セット(3,800円/月)

サービス開始日(事前予約受付開始)4月上旬

焙煎機仕様一覧

品名1:スマートコーヒー焙煎機(家庭用)

品番:AE-NR01

焙煎方式熱風式焙煎

焙煎量:50g/回

焙煎時間約15分 ※プロファイルにより異なります

本体寸法(幅×奥行×高さ)(mm):130×238×342

本体重量:4.6 kg

電源定格:100 V (50-60Hz)

消費電力:1320 W

カラー-S:シルバー

操作端末iOS搭載端末のみ対応 ※専用アプリが必要です

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング