1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. IT総合

「ないものは作る」精神に震える! 「#百均のグッズ間違った使い方選手権」にコスプレイヤーの叡智が集まる

ガジェット通信 / 2017年3月10日 23時0分

コミックマーケットなどさまざまなイベントに集結するコスプレイヤー。筆者もよく取材するのですが、既製品に飽き足らずに自作しているユーザーも多く見かけて、「よくこのキャラ作ったな」というものから、「これ、どうやって作ったの!?」というものまで、その創意工夫には頭が下がる思いになります。

そんなレイヤー達が、百均ショップのグッズをどのように使っているのか、『Twitter』のハッシュタグ「#百均のグッズ間違った使い方選手権」で投稿が集まっています。

あるレイヤーは、ホースとクラッカーで『遊☆戯☆王』の千年リングを自作。

『刀剣乱舞』などの歴史もののキャラの甲冑や防具の光沢感を出すために、「ビニールテープは有能」といった声も上がっていました。あるユーザーは、カラーダンボールに強度をつけて、あとはビニールテープで装飾を施すことで防具を作ったとのこと。

『進撃の巨人』の立体機動装置を、塗料以外は全部100均グッズで作ってしまったというレイヤーも。その創意工夫に驚かされます。

園芸用の手袋と運転用手袋を貼り合わせて、アクリル系の絵の具で塗ることでファンタジー系のグローブを作っているという人の例も。工作魂に脱帽です。

一見手間とお金がかかりそうな大きな武器も、厚紙や金色の布、突っ張り棒などを使っていたりするようです。パネェ。

また、光るヘッドフォンを自作してしまうという人も。タッチライトの中にセロハンを入れ、周囲をマニキュアで塗装し、装飾にライトストーンを使っているそうです。100筋スゲェ……。

ほかにも、「なければ作る」のレイヤー魂を感じさせる、趣向を凝らしたノウハウがこのタグには集まっており、時間と情熱、そしてキャラへの愛があれば何でも乗り越えられるのだと教えてくれます。改めてコスプレイヤーという人種への尊敬の念を新たにできるタグになっているのではないでしょうか。

※画像は『Twitter』より

https://twitter.com/piy0c0n/status/839866198015696896 [リンク]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング