米FOX、ファレル・ウィリアムスの幼少期に着想を得たミュージカル映画『Atlantis(原題)』を開発中

ガジェット通信 / 2017年4月1日 8時0分

米20世紀FOXは、ファレル・ウィリアムスの幼少期をもとにしたミュージカル映画『Atlantis(原題)』を開発中だ。

ブロードウェイの監督として知られるマイケル・メイヤーが監督し、ギル・ネッター、ウィリアムス、ミミ・バルデスがプロデュースする。

同作はバージニアビーチで過ごしたウィリアムスの幼少期から着想を得た。ウィリアムスとバルデスは自身らが率いる製作会社アイ・アム・アザーを通じて、ネッターはネッター・フィルムズを通じてプロデュースする。映画『Toy Story 4(原題)』や映画『Curious George(原題)』を手掛けたマーティン・ハインズが脚本を手掛ける。

ウィリアムスはこれまでにグラミー賞を10度受賞している。また、FOXのヒット映画『Hidden Figures(原題)』のプロデューサーに加わり、本作のサウンドトラックを監修するとともに作曲も手掛けている。

また、サンダンス映画祭で公開された映画『Roxanne Roxanne(原題)』のプロデュースを手掛けたほか、映画『怪盗グルーの月泥棒 3D』で音楽を担当したり、NBCのTV番組『ザ・ヴォイス』でジャッジ役を務めたことでも知られている。

メイヤーはミュージカル『春のめざめ』の演出を手掛け、第61回トニー賞を獲得した。その他、2006年の映画『マイ・フレンド・フリッカ』やシアーシャ・ローナン主演の最新作映画『The Seagull(原題)』の監督を手掛けている。

ウィリアムスとメイヤーの代理人であるWMEが『Atlantis(原題)』の契約をまとめた。ハインズはオリジナル・アーティスツと代理人契約を結んでいる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング