被害報告続出!? ランサムウェアも注意だけど「ニャンサムウェア」も怖い!

ガジェット通信 / 2017年5月17日 21時0分

nyansamware_01

現在、メール添付のファイルを開くと仮想通貨ピットコインの支払いを要求し、振り込まれないと全データを消去するランサムウェア『WannaCrypt』が流行していますが、猫によるPCの被害を「ニャンサムウェア」として『Twitter』で報告するユーザーが増えています。

あるユーザーの被害は、勝手にツイートしようとした上にプリントしまくるというもの。

うちのニャンサムウェアは勝手にツイートしようとした挙句、印刷までしてくる

キーボードの上に乗られるという被害例は、最も多いのではないでしょうか。さらに利用者の飲み物が狙われるケースも。

ニャンサムウェアに感染すると、ノートPC使用不可になる上、自分の水が飲まれるという恐ろしい例

何かをキーボードに散らかすという背筋が寒くなるような報告も。

ニャンサムウェアに感染すると業務への支障が生じたり作業中のファイルが破壊されたりする危険性がある。

PCだけでなく、家電やバイクといった乗り物にも“感染”する模様です。

ニャンサムウェアは乗り物にも感染するからタチが悪い

ネコだから自由気ままなのはしょうがない、と許せるものから、本気でヤバい事態に繋がりかねないものまで、さまざまな事例が出ている「ニャンサムウェア」。猫を飼っているという人は、くれぐれもご用心を!

※画像は『Twitter』より

https://twitter.com/sameanko/status/864763502564487168 [リンク]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング