福島みずほ議員「辺野古のゲート前で座り込みをしています」「強制排除されてしまいました」 ツイートが物議

ガジェット通信 / 2017年8月19日 11時30分

8月18日朝、社民党の副党首である福島みずほ参議院議員(@mizuhofukushima)が『Twitter』にて

辺野古のゲート前で座り込みをしています。

とツイートし、「アベ政治を許さない」というプラカードを持った方の横で自らは「基地はいらない」というプラカードを両手に持った画像をアップした。

その後、お昼前に

辺野古のゲート前で、みんなで座り込みをしていましたが、強制排除されてしまいました。

とツイートを行う。

いずれのツイートにも、現職の国会議員の行動として疑問だという主旨のツイートが多く寄せられる。

「強制排除された」というツイートには、

「道路交通法違反だから当然」

という返信や、福島議員が弁護士でもあることから

「弁護士なのに……」

といった返信も寄せられていた。

翌19日には、

今日8月19日の琉球新報です。この後、強制排除されました。

とツイートし、自身の写真も掲載された琉球新報の紙面を紹介する。こちらにも、同じような批判の返信が寄せられ、物議を醸していたようである。

※画像は『Twitter』より

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング