【Twitter】インドネシアのシャープ公式がご乱心 →日本の公式がすかさずフォローも「知らんけど」とバッサリ

ガジェット通信 / 2017年11月8日 19時30分

11月8日、米Twitterが日本語・韓国語・中国語以外の言語において、文字数の制限を140文字から280文字まで緩和したことを発表。今年9月からテストしていた機能を正式にリリースしました。

英語などの言語で文字数制限いっぱいまで書き込まれたツイートが世界中で投稿される中、インドネシアのシャープ公式アカウント(@sharpindonesia)が日本でも注目を集めています。

自社製品のプロモーションに関するツイートの合間に、突如、

Shaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaarp

と、280文字いっぱいを使って社名を投稿。その後は何事もなかったかのように、また通常営業のツイートが続いています。

これには日本のシャープ公式(@SHARP_JP)もすぐさま反応。

日本からフォローしますが、インドネシア弊社垢のツイート、ツイッターの英語が280文字化した喜びを表現したかったのだと思います。知らんけど。

と、少し距離を感じさせる弁明ツイートを投稿しています。

数ある企業公式アカウントの中でも、特に「中の人が自由過ぎる」と話題のシャープ。「インドネシア垢さんも日本垢さんとおなじメンタリティなのですね」「てか、インドネシアの中の人も、こんな感じ?www」「どこの国でもこんなキャラ?」といったリプライを集めると共に、「知らんけど」というパワーワードにハマる人が続出している次第です。

※画像は『Twitter』(@sharpindonesia)より引用

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング