動画:大富豪が100億円で警察買収! 自作ガジェットで世直ししちゃう人気ドラマは「すべて実現可能なアイデア」

ガジェット通信 / 2017年12月19日 19時0分

12月2日(土)よりDVDが発売&レンタル開始された海外ドラマ『APB ハイテク捜査網』。友人の死をきっかけに大金持ちが警察署を買収し、“カネ”と“技術”で凶悪犯罪を撲滅させる斬新な設定が話題となっています。

そんな近未来クライム・アクションを支えるのが、作中に登場するハイテクガジェットの数々。出演者たちがその魅力を語る特別映像が到着しました。

『APB ハイテク捜査網』特別映像/ハイテクガジェットの魅力を語る(YouTube)

https://youtu.be/9pONZ1KdHLo

<『APB ハイテク捜査網』ストーリー>

親友を殺された億万長者の天才技術者ギデオン・リーヴスは、時代遅れの警察に失望。大金を投じてシカゴ市警第13分署の実権を握り、市民が即座に事件を通報できるアプリ「APB」を使ったハイテク警察を作り上げる。強引な手法に非難を浴びつつも捜査に邁進。女性警官マーフィの協力を得て、親友殺しの犯人に迫る。

タイトルにもなっている「APB」とは、主人公のハイテク億万長者・ギデオンが開発した犯罪捜査専用アプリ。ワンタッチで警察への通報が可能で、位置情報や画像を送信できる画期的な機能を持っています。「配車アプリのシステムみたいに一番近くの警官につながる」と説明される通り、『Uber』のパトカー版と考えても良いかもしれません。

通常の50倍の速度で飛んでくる弾丸も通さないシリコンカーバイド製の防弾ベスト、非致死性のテーザーガンなど、街をパトロールする警官たちの装備もハイテクに。捜査用のドローンや警察犬の義足まで自ら開発してしまうギデオンですが、出演者らは「現実的でそう遠くない未来の話なの」「すべて実現可能なアイデアよ」と、実際に開発中のテクノロジーが採用されていることを明かしています。

いつか現実となるかもしれない近未来ガジェットやテクノロジーに注目することで、より本編を楽しむことができるかもしれません。

関連記事:警察署を買った大富豪が自作ガジェットでハイテク捜査しちゃうドラマが話題 →実はリアルのハイテク警察も凄かった!

http://getnews.jp/archives/1981581

「APB ハイテク捜査網」12.2 DVD発売&レンタル開始、好評デジタル配信中(YouTube)

https://youtu.be/zygQAogc5us

APB/エー・ピー・ビー ハイテク捜査網 <SEASONSコンパクト・ボックス>

発売日:2017年12月2日

ディスク枚数:6枚組(全12話)

言語:英語、日本語

字幕:日本語、英語

希望小売価格:4752円(税抜き)

発売・販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

※好評DVDレンタル中/デジタル配信中

公式サイト:http://video.foxjapan.com/tv/apb/

(C)2017 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング