チーターの顔の線は「まぶしさ軽減効果」野球選手がやる目の下のアレと同じ役割だった!

ガジェット通信 / 2018年3月23日 14時0分

アフリカ大陸等で暮らす、ネコ科の肉食獣・チーター。2秒で時速72kmに到達する俊敏さと足の速さが特徴的な動物だ。チーターの特徴と言えば、目から繋がる黒い縦線。

「よこはま動物園ズーラシア」で暮らす4頭のチーターにも全て、特徴的な黒い線を見ることが出来る。実はこれ、太陽光戦のまぶしさを軽減するそうで、野球選手が夏場にやっている目の下のアレと同じ効果なのだとか。

野球選手が目の下に書くアレ。

「よこはま動物園ズーラシア」公式Twitterは、

チーターの顔にある線状の模様は、「ティアーズ・ライン」と呼ばれ、太陽光線のまぶしさを軽減する役割があると考えられています。野球やアメリカンフットボールの選手と同じですね。

と解説。過酷な状況で狩りをしなくてはいけないチーターにとって、必要不可欠な効果なのであろう。可愛くてかっこよくて凛々しいチーターの豆知識。動物好きの相手に披露してみてはいかだろうか?

※画像はTwitterより引用。

 

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング