ロック様が“紙相撲”で白熱! 『ランペイジ 巨獣大乱闘』出演者達がはしゃぎすぎ:動画

ガジェット通信 / 2018年5月5日 13時0分

『パシフィック・リム』『キングコング:髑髏島の巨神』に続く、巨大怪獣パニック・アクション『ランペイジ 巨獣大乱闘』が5月18日より全国ロードショー。

本日の5月5日の”こどもの日”に合わせて、ドウェイン・ジョンソンほか、アカデミー賞ノミネート女優ナオミ・ハリス、マリン・アッカーマン、ジョー・マンガニエロ、ジェフリー・ディーン・モーガン、ブラッド・ペイトン監督が“紙相撲”で大乱闘する貴重な動画が解禁となりました!

巨獣たちが大乱闘する本作にかけて、特別に日本の国技である相撲!?で大乱闘することになった面々。ただし、相撲は相撲でも、今回キャストたちが挑戦したのは、”紙相撲”! 無邪気に紙相撲で大盛り上がりするハリウッドスターたちの姿がなんとも可愛いです。

【動画】ロック様が“紙相撲”で白熱!『ランペイジ 巨獣大乱闘』出演者達がはしゃぎすぎ

https://www.youtube.com/watch?v=zsQrB4_YKo8

6体用意された巨獣のコマを特別仕様の土俵の上に並べ、「準備はいいか?」とドウェインの掛け声で全員がスタンバイ。「ワン、ツー、スリー、ゴー!」の合図で一斉に土俵を叩き、紙相撲大乱闘ラウンド1がスタート!だだだだだだだだだだっと、数秒土俵を叩く音が響いたのち、キャストたちは「オー!!!」と大騒ぎ。あっという間に決着がつき、なんと”ドウェイン”の勝利!!「え!?」と驚きを隠せないナオミたちに対し、「勝ったぞ!」と嬉しそうに笑顔を見せるドウェイン。

続けて、ジョーの「みんなと一緒に紙相撲の第2ラウンドをやります」の掛け声の元、ラウンド2がスタート!次第にエキサイトしてきたメンバーは真剣な表情で、だだだだだっと勢い良く土俵を叩く。するとまたしても勝者はドウェイン!!ドウェインの二連勝という誰もが予想もしていなかった展開に、マリンが「何か仕掛けた?」と疑い出し、ナオミも「マグネットか何か使った?」とドウェインのコマを調べ出す。一切のズルを容赦しない真剣勝負なだけに、キャスト全員が必死の形相。しかし二連勝し余裕のドウェインは、「何もしていないよ」と困り顔になりつつも嬉しそう。

そしてマリンの掛け声で最終ラウンド、ラウンド3がスタート!「ゴー」の合図で勢いよくみんなが土俵を叩く中、いきなりジョーが近くにあったガレキのセットを、土俵目掛けて投げ落とし、全員のコマが一瞬にしてクラッシュ!!「ワー!」「ノー!」と頭を抱え叫ぶ人がいる中、「オオカミが上に乗ってる!」と土俵を指さすジョー。すると全員が曝笑しながら、「ジョーの勝ちだよ」と納得するのだった。終始笑顔で楽しそうなキャストたちは、初体験の紙相撲に大満足したようで、最後にドウェインは「TVウケしそうだ」とドヤ顔をみせまいた。

また今回の映像の終わりには、「人類はTHE END」という衝撃的な言葉でスタートする、最新スポット映像も見ることが出来ます。「第九(ベートーヴェンの交響曲第9番)」に合わせて、マシンガンを撃ちまくるドウェインの姿や、暴れまわる巨獣たちのハイテンションな映像となっているのでこちらにもご注目!

『ランペイジ 巨獣大乱闘』特集

http://getnews.jp/rampage

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング