「職場でも気兼ねなく飲用」に賛否両論 ペットボトル入りの透明なノンアルコールビール登場

ガジェット通信 / 2018年5月9日 11時20分

サントリービールは、ペットボトル入りの透明なノンアルコールビールテイスト飲料『オールフリー オールタイム』を新発売。6月19日(火)から全国のコンビニエンスストア限定で販売する。

「いつでも、どこでも、自由に楽しめる」をコンセプトとする『オールフリー』ブランドだが、『オールタイム』のプレスリリースでは「今回は、職場でも気兼ねなく飲用できるよう」と、“透明”かつ“ペットボトル入り”を採用した背景を説明している。

ネット上では「職場で堂々と飲める!」「職場でノンアルビール論争に手を打ってきたか」「ある意味ストロング系より危険(ゴクリ)」と歓迎する声がある一方、「そこまで職場で飲みたかったのか……」「ビールは仕事終わりに飲むから美味いんじゃないの?」「職場で気兼ねなく…飲めるかねぇ」と疑問視する意見も。

ホップ由来の苦味でビールらしさを表現し、高いガス圧とほのかなライムフレーバーで大人がいつでも手軽にリフレッシュできる味わいを目指した『オールタイム』。パッケージにはビールテイストを想起させる一本麦のイラストと、「ランチに」「会議中に」といった飲用シーンのイメージが記されている。

品目はあくまでも「炭酸飲料」だが、「職場でも気兼ねなく飲用」の是非……また新たな論争の火種となりそうだ。

『オールフリー オールタイム 』コンセプトムービー(YouTube)

https://youtu.be/tHHLSfKNBVA

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング