「パンツの日」に『地獄先生ぬ~べ~』の岡野剛先生「あいにく私はパンツ自体にはさほど思い入れがなく…」と衝撃ツイート

ガジェット通信 / 2018年8月2日 23時30分

8月2日は「パンツの日」で、一説によると「女性が本命の男性にこっそりパンツをプレゼントする日」らしい。女性からパンツを貰ったというガジェット通信の男性読者の方が大勢いたことだろう。

『地獄先生ぬ~べ~』で知られる漫画家の岡野剛先生(@Takeshi_Okano)は、同日夕方『Twitter』で、

今日(8/2)は「パンツの日」らしいから、本当はパンツについてツイートすべきなんだろうけど、あいにく私はパンツ自体にはさほど思い入れがなく…

男子が全員パンツにされて、それを女子たちがはくという話を以前描きましたが、あれは原作の真倉先生の性癖です。

とツイートを行った。

ネットでしばしば目にする、『地獄先生ぬ~べ~』の「男子が全員パンツにされて、それを女子たちがはくという話」にまつわる衝撃の内容。話題となり、多くのリツイートや「いいね!」を集めていた。

「何年越しの暴露なんですかwww」

「描 い て も 同 罪 。 #ありがとうございました」

「大興奮した回の真相が今明らかに 笑」

「大変お世話になりました」

「未だに語り継がれる伝説の回ですね…………………(白目) 」

「眠鬼ねぇさんのときですね オレもパンツにされたかった…」

といった返信が寄せられていた次第である。

※画像は『Twitter』より

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング