東京ゲームショウ2018:『PLAYISM』が『LA-MULANA 2』コンソール版と『VA-11 HALL-A』続編など出展3タイトルと配信予定タイトルを発表

ガジェット通信 / 2018年9月20日 11時55分

インディーゲームパブリッシャーの『PLAYISM』は9月19日、『東京ゲームショウ 2018』に出展する3タイトルと近日配信予定タイトルを発表しました。

『Kickstarter』プロジェクト達成から4年を経て7月にPC版がリリースされたNIGOROの『LA-MULANA 2』は、家庭用ゲーム機版の発売を発表。2019年春にNintendo Switch/PlayStation 4/Xbox One向けに発売を予定しています。

Nintendo Switch版とPlayStation 4版はパッケージ版を発売。価格は3980円(税別)で、初回特典としてオリジナルサウンドトラックCDの同梱を予定しています。ダウンロード版の価格は未定。

『東京ゲームショウ 2018』では、流通を担当するコナミのブースでPlayStation 4版がプレイアブル出展されます。9月21日15時からは、ブースイベントも予定しているとのこと。

発表会場では、Nintendo Switch版のデモを確認することができました。

Steamで全世界20万本以上を売り上げ、国内では『PLAYISM』がPS Vita版も展開している『VA-11 HALL-A』の続編となる『N1RV ANN-A: Cyberpunk Bartender Action』も発表。『東京ゲームショウ 2018』ではホール9 インディーゲームコーナー 9-B60に出展されます。

前作の『VA-11 HALL-A』は、Nintendo Switch/PlayStation 4版を2019年にリリースすることも併せて発表されました。

『Indie Game Festival 2018』でグランプリを受賞したアドベンチャーゲーム『Night in the Woods』は、『東京ゲームショウ 2018』のホール9 インディーゲームコーナー 9-B43で出展。Nintendo Switch/PlayStation 4/Xbox One/PC版が2019年発売を予定しています。

以上3タイトルが『東京ゲームショウ 2018』の出展タイトル。このほか、家庭用ゲーム機への移植を含む近日配信予定の5タイトルが発表されました。

『Cineris Somnia(キネリス・ソムニア)』と『Star Sky 3 – ブルームーン 3』はPC版がSteam/PLAYISMで近日配信を予定。

Steam/PLAYISMのPC版、PlayStation 4版で展開している『アスタブリード』、Steam/PLAYISMのPC版、PlayStation 4版とPS Vita版を展開している『クロワール・シグマ』はそれぞれNintendo Switchで近日配信を予定。

Steam/PLAYISMのPC版が5月に配信された『Will -素晴らしき世界-』は、Nintendo Switch/PlayStation 4版を近日配信することを発表しています。

PLAYISM

http://playism.jp/

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング