USTREAMが大規模攻撃を受けてダウンしている模様

ガジェット通信 / 2012年5月9日 21時59分

USTREAMが攻撃を受ける
ネット生放送配信サイト「USTREAM」が5月9日の18時頃よりダウンしており、その状態が記事執筆時点(21時45分)も続いている。その原因について、「大規模攻撃を受けている」とのツイートが関係者よりおこなわれた。
USTREAM技術チームのツイッターアカウントの書き込みによれば、大量のリクエストがサーバーに集中しているとのこと。


Ustream 技術チーム
現在大量のリクエストが弊社サーバに集中しており、原因の特定と対処を続けているところです。先日来のロシアでのデモ行動の配信が行われておりますが、それらとの関連性は現時点では不明です。本日中の完全な復旧は難しい見込みです。ご利用の皆様には誠にご迷惑をおかけします。
(2012年5月9日 - 21:36)

また、USTREAMアジアCEOの中川氏も「外部からの大規模な攻撃を受けており、非常に繋がりにくい状態が続いています」とツイートしている。

USTREAM ASIA CEO 中川氏:
現在UstreamのWebサイトは外部からの大規模な攻撃を受けており、非常に繋がりにくい状態が続いています。技術者が必死で対応に当たっていますが、まだサービスの前面的な復旧の目処は立っておりません。利用者の皆さまにはご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。
(2012年5月9日 - 21:21)
(編注:本文ママ)

ツイッター上でも本日の番組中止をお知らせするツイートが流れはじめている。一体誰が何の目的で攻撃をおこなっているのだろうか。ガンバレUSTREAM!
[5月10日午前3時頃にほぼ復旧したというツイートがおこなわれていました]
USTREAM技術チームのツイート(最新情報がここでツイートされているようです)
放送中止をお知らせするツイート


【関連ニュース】

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング