[試飲レビュー]新発売の缶スープ『ふかひれスープ』が〆のラーメン並に満足感ある! フカヒレは粉末だけど「これはまさしくふかひれスープ」

ガジェット通信 / 2018年10月16日 7時0分

駅のホームなどにある自販機、最近“スープ系”のバリエーション多いですよね。

そんな中、今回登場するのは『気仙沼産ふかひれ使用 ふかひれスープ』です!(発売は2018年10月16日(火)予定)

JR東日本のエキナカ自販機では、定番の『コーンスープ』、あるいは味噌汁系や洋風のスープに限らず、スープカテゴリーの自販機ドリンクのバリエーションを増やしていくそうなのです。

とはいえ、なぜ『ふかひれスープ』?

サメがふかひれスープ持ってやってきたので話を聞く

「エキナカでふかひれスープが飲めるんですよーーー!」

そう言いながら登場したのはサメ。手には『ふかひれスープ』を抱えてガジェット通信編集部の前にたたずんでいました。

『飲むフォンダンショコラ』の時に来ていた人に似ている気がしますが、何度聞いても「サメです」と言い張るので、おとなしく話を聞くことにしました。

「冬のホット商品として『気仙沼産ふかひれ使用 ふかひれスープ』をお持ちしました。冬のエキナカ、特に駅のホームって寒いですよね。」

そうですね。

「あたたかいスープ系のドリンクってコーンスープやみそ汁なんかがあると思うんですが、幅が欲しいなあ、って思いますよね。特に中華とか!」

そうですよね。

「そこでこの『ふかひれスープ』! この商品は気仙沼産のフカヒレを100%使用して、チキン、しいたけの旨味をベースににんにくや生姜、オイスターソースを加えてごま油で仕立てた自信の一作なんですよ。」

商品、って言っちゃってますけど。

「ふかひれスープ、って聞くとやはりあの繊維感のあるプリプリした具が入ってるイメージなんですが、こちらの商品には具の形でのフカヒレは入ってないんです。」

え、入ってないんですか。

フカヒレは粉末で入っているんです。これにはきちんと理由がありまして。缶の底に具が溜まってしまうとストレスだったりしません?」

ああ、確かに。

「飲みやすさを追求しながらも、きちんとフカヒレは粉末で配合して、本格的なふかひれスープを飲んだ時の満足感が得られるよう、苦労して開発したんですよ。味の美味しさはもちろんなのですが、コラーゲンが1000㎎入ってますので女性にも嬉しいと思うんです!」

ほう。

「本格的な美味しいスープにしたい、ってことで永谷園さんと共同で開発しました。開発に2年かかってます! さ、さ、是非飲んでください!(プシュッ)」

用意いいな……。

実際に缶の『ふかひれスープ』を飲んでみる

なかば強引に『ふかひれスープ』をすすめられ飲むことになりましたが、ひとまずいただいてみます。

温かい『ふかひれスープ』、見た目は澄んだブラウンですね。確かに鶏を中心とした旨味が感じられそうな中華系の香りが立ちのぼります。

口にすると、とろみにも似た口当たりだけれどさらりとした感覚。チキンとしいたけの旨味に加え、オイスターソースの持つ甘味にも似た味わいが口の中に広がります。にんにくと生姜も入っているようですが素材として主張せず、あくまで旨味の裏方としてしっかり支えている印象。ごま油に関しても同様で、かすかに感じられるけど主張してこない絶妙なバランスです。

そしてフカヒレ。粉末なので繊維こそ無いものの、密度の高さを感じるスープの口当たりとコラーゲン由来の口当たりは、まさしくふかひれスープを飲んだ後の感覚に匹敵します。

サメ(?)が持ってきた『ふかひれスープ』はかなり熱々だったんですが、冷ましながらチビチビと飲む楽しみがあります。確かにリッチで複雑な濃厚さがありますね。

この旨味と満足感「何か似た記憶があるなあ」と飲みながら思い出していたのですが、上質なラーメンの時のそれに近いです。寒い中でこれを少しずつ飲めたら、シメのラーメン代わりになるくらいの満足感があるなー、なんて思いながら飲み干してました。

いやぁ、これは確かにふかひれスープですね。本当に美味しかった。

サメ、帰る

「美味しかったですか?」

美味しかったです。具は無くとも、ちゃんとしたふかひれスープでした。

「帰ります。」

そう言い残すと、サメはきびすを返してエレベーターに乗り込んでいきました。

「アキュアはこれからもスープに力を入れていきます。ラインナップを増やしていきますので、いい意味でみなさんに迷っていただきたいな、と思っています。さよならー」

やっぱり前に来た人だよね……。

ともあれ『ふかひれスープ』は確かにこれまでに無い缶飲料だと思いました。

寒い時期、電車待ちの時にちょっと何かお腹に入れたい――けど、重くなく軽くなく適度にさっぱりしつつも満足したい、なんていうわがまま気分の時には高確率で納得させてくれるスープではないでしょうか。

個人的にはラーメン好きにおススメしてみたい。多分これ、ご飯にかけてもおいしいはず。見かけたらお味を是非試してみてください。

サメもきっと喜ぶんじゃないかな、と思います(知らんけど)。

商品名:気仙沼産ふかひれ使用 ふかひれスープ

希望小売価格:140円(税込)

発売日:2018年10月16日(火)

販売場所:acure<アキュア>自動販売機、JR東日本ウォータービジネス通信販売など

http://www.acure-fun.net/online/

商品ページ:https://www.acure-fun.net/products/2018/fukahire.html

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング