カーオーディオやスピーカーと接続してスマホの音楽再生や通話を可能に アンカー・ジャパンが『Anker Roav Bluetooth レシーバー B2』を発売

ガジェット通信 / 2018年10月18日 10時50分

アンカー・ジャパンは10月18日、Bluetoothレシーバー『Anker Roav Bluetooth レシーバー B2』を発売しました。初回300個限定で500円OFFの1999円(税込み)で販売します。

Bluetoothに対応していないカーオーディオやスピーカーに3.5mmジャックで接続し、スマートフォンやタブレットの音楽再生や通話に利用可能にする製品。オーディオ機器に接続する3.5mmジャックと電源供給用のUSBケーブルが一体になったAUX/2-in-1 USB電源ケーブルが付属します。

英CSR社製のBluetoothチップを搭載し、クリアな音質を実現。A2DP、AVRCP、HFP、HSPの4種類のプロファイルに対応します。内蔵マイクはエコー抑制とノイズキャンセリングにより、運転中もクリアで快適なハンズフリー通話が可能。多機能ボタンにより、ペアリングや音楽の再生・停止、通話の開始や拒否をタップ操作で切り替えできます。販売価格は2499円(税込み)です。

『Anker Roav Bluetooth レシーバー B2』主な仕様

Bluetooth規格:4.1 Class II

Bluetooth通信距離:10m

Bluetoothペアリング名:ROAV B2

DC入力:5V

動作周波数:2.402 – 2.480 GHz

重さ(本体のみ):約21.5g

サポートフォーマット:A2DP v1.2/AVRCP v1.4/HFP v1.6/HSP v1.2

パッケージ内容:本体、AUX/2-in-1 USB電源ケーブル、取扱説明書

注意事項:※本製品はバッテリーを内蔵していません。使用時はカーチャージャー等からUSBによる給電が必要です。

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング