言葉が思い出せない時ってどうやって説明してる? 「びしょ濡れサラダ」って……

ガジェット通信 / 2019年2月26日 13時30分

普通に会話をしている時、「あれだよ、あれ、なんだっけ?」と、言葉が出てこない時ってありませんか? そんな時、皆さんはどうやって説明します? 筆者が北川景子さんの名前をど忘れした時は、「日本では一番っていいくらい顔がきれいな女優さんで、ドラマで良くGOって言ってる人!」って説明して、どうにか会話を前に進めることができました。

https://twitter.com/paulcoxon/status/1097513774800605184

イギリスの物理学者、Paul Coxonさんの場合は、「光子(photon)という言葉が思い出せなくて、同僚の前で“ピカピカ光るかけら(shiny crumb)”という言葉で説明したよ」とのこと。頭脳明晰な人でもど忘れするんですね。

https://twitter.com/The_Lady_Red/status/1097674088145768450

「5才になる姪は、カラスのことを“ハロウィンの鷲”と言ってたわ」

https://twitter.com/AlistairDove/status/1097569909800865792

「2才の娘がホットドッグのことを“肉のピクルス”と説明していたことを思い出します」

その他にも、「僕の名前を忘れがちだったウチの母親は、僕の名前を思い出すまで“ねぇ、僕(hey you)”と呼んでた」、「魚という言葉が思い出せなくて、“うろこ状の泳いでいるやつ”って言ったことがあるよ」、「18才の男の子達の前で、生体(organisms)とオーガズム(orgasms)を間違えて説明したことがあるわ」、「テーブルって言葉が思い出せなくて、“平らな表面に脚がついてるやつ”って説明したけど通じたよ」、「レストランで注文する時、友人がスープという言葉が思い出せなくて、“びしょ濡れサラダ”と説明してたわ」、「うちの子は電子レンジという言葉を知らなくて、“温かい冷蔵庫”って言います」といった声が集まっています。

言葉をど忘れして冷や汗かくのは、仕事がらみでお会いしたことがある人の名前をど忘れした時ではないでしょうか。「〇〇さん、お久しぶりです」といきなり話しかけられても、名前が出てこない、それ以上に顔が思い出せない、なんてことがよくあるのは筆者だけでしょうか……。

※画像:『Twitter』より引用

https://twitter.com/paulcoxon/status/1097513774800605184

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』

(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング