ニコニコ超会議2019:会場来場者数・ネット来場者数は増加 『超歌舞伎』&Vtuberが寄与か

ガジェット通信 / 2019年4月28日 22時30分

2019年4月27日・28日に幕張メッセで開催された『ニコニコ超会議2019』の会場来場者数は、ドワンゴの発表によると16万8248人。累計の生放送視聴者数は666万3612人で、どちらも前年比微増となっています。

昨年の来場者数は16万1277人で、前年比104%。ネット総来場者数は612万1170人との比較で108%となっています。『超歌舞伎』が根強い人気のほか、Vtuberブースも引き続き好調で、若年層の注目度はまだまだ高いのではないでしょうか。

ドワンゴは、2020年4月に『ニコニコ超会議2020』の開催を発表。東京オリンピックの会場問題や、KADOKAWAの川上量生社長の退任があって心配する向きもありましたが、夏野剛現ドワンゴ社長が『超会議』を主導していることもあって、意地でも続けるという意志が現れています。地方自治体のブースも引き続き注目です。

ニコニコ超会議2019公式サイト

http://chokaigi.jp/ [リンク]

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング