キネクトのように操作するパソコンのインタフェースが凄い! 商品化されたら革命が起きるかも

ガジェット通信 / 2012年5月22日 18時0分

『Xbox360』のインタフェースデバイス『キネクト』のようにジェスチャーで操作する画期的なパソコン用デバイスが開発された。『LEAP』というデバイスで、机の上に小型な箱が置かれているだけ。この箱の上で指を動かすと画面がそれに応じて動くジェスチャー操作ができるという物だ。

カーソル操作からフリック、スワイプなど様々な操作を手ぶら状態で行える。更にペンも使用可能で、タブレット代わりに使うことができるようだ。未知の可能性を秘めている新デバイス『LEAP』だが、もしかしてWindows8に貢献するかもしれないぞ。

そんなわけでこのデバイスで活用できそうな内容一覧。

・ギャルゲーで彼女と手を繋ぐ

・フォトレタッチソフトで画像回転やトリミング、拡大縮小

・ボクシングゲーム

・文字入力をフリック操作

『LEAP』の動画

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング