がんから復帰しオールスターゲームで大活躍の阪神・原口文仁選手 プレゼント企画のツイートが大反響

ガジェット通信 / 2019年7月16日 6時5分

今年1月に大腸がんを患っていることを発表、手術・リハビリを経て見事に復帰した阪神タイガースの原口文仁選手。

7月12日と13日に行われたオールスターゲームに出場、2試合連続ホームランを放つなど大活躍し第1戦の敢闘賞と、「2試合を通して『ファンに夢と感動を届けた選手』」に贈られる 「マイナビ賞」、「オールスターゲーム期間中、Twitter上で最も注目され、オールスターゲームに貢献した選手」に贈られる「Twitter賞」を受賞した。

13日、原口選手は『Twitter』にて

最高に楽しい2日間でした!

皆さんに選んでいただいて本当に感謝してます。

後半戦も頑張るぞ!

試合後に記念撮影!

とツイートし阪神のチームメイトやマスコットキャラクターのトラッキーらとの画像をアップ。

翌14日、

野球を始めた時の様な原点に戻れた2日間でした。

僕をこの夢の舞台に立たせて下さった多くの方に感謝の気持ちでいっぱいです。

皆様にお返しがしたくて、賞金の一部でリストバンドを作りました。

プレゼントさせて下さい。https://t.co/5ukeevKYi1

明日から後半戦、必死のグッチで頑張ります!

とツイートしプレゼント企画の発表を行った。反響は大きく、ツイート直後はサイトにアクセスが殺到したようでサーバが落ちていたようである。

今回、メモリアルリストバンドが抽選で500名にプレゼントされ、22日までの受付となっている。

※画像は『Twitter』より

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング