メインアクトのラッパーより目立ってしまった手話通訳 ノリノリです

ガジェット通信 / 2019年8月26日 10時30分

8月17日、ものすごい早口で有名なラッパー、トゥイスタ(Twista)のコンサートがノースカロライナ州シャーロットで行われました。

https://twitter.com/TWISTAgmg/status/1162819902694182912

その時の様子を撮影した映像を、トゥイスタ本人がTwitterで公開しています。「彼女が本当のMVP」とツイートされた本人が手前の女性ダンサー……ではなく、手話通訳の女性です。ダンスを踊るかのように手話通訳をしているのが、「アメリカで一番有名な手話通訳者」と言われているアンバー・ギャロウェイ・ガジェゴ(Amber Galloway Gallego)さんです。メインアクトであるトゥイスタの早口ラップに合わせて、体を揺らしながら素早く手話通訳するアンバーさんの動きは、まさにダンサーそのもの。サブアクトのラッパーと言ってもいいかもしれません。

・彼女は伝説的な手話通訳者だからな

・誰もが皆コンサートを楽しめるのは素晴らしいことよね

・彼女のYouTubeチャンネルも面白いよ

・ラップの手話通訳って初めて見たけどすっごいね

・グルーヴィだ

・このライブはアツいわ

・手話ってこんなに早いスピードでできるものなんだね

・全身鳥肌ものだよ

・トゥイスタが脇役じゃん

・手話どころかラップさえできないっていうのに……

How sign language innovators are bringing music to the deaf(YouTube)

https://youtu.be/EuD2iNVMS_4

こちらの動画では、手話通訳のノウハウを語りながら、エミネムの「The Monster」という曲を実演しています。

※画像:Twitterより引用

https://twitter.com/TWISTAgmg/status/1162819902694182912

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』

(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング