喫煙本数が一番多いのは何県? 一番少ないのは? アンファーが喫煙本数ランキングを発表

ガジェット通信 / 2019年9月18日 21時30分

アンファーは9月18日、全国47都道府県各100人を対象に実施した全国の喫煙状況の調査結果を発表。ランキング結果をご紹介します。

喫煙本数(1日当たりの喫煙本数の平均)が多いランキングは次の通り。

喫煙本数が多いランキング

1位:愛媛県(18.61本)

2位:新潟県(17.68本)

3位:佐賀県(17.12本)

4位:香川県(16.50本)

5位:福島県(15.70本)

1位は愛媛県。最も少ない県の本数の約2倍という結果で、回答者のうち喫煙者の割合が約3割と、喫煙者の割合も最も多い結果になりました。

喫煙本数が少ないランキングの結果はこちら。

喫煙本数が少ないランキング

1位:滋賀県(8.71本)

2位:千葉県(10.95本)

3位:東京都(11.17本)

4位:岡山県(11.33本)

5位:宮崎県(11.57本)

1位は滋賀県で、喫煙者の割合は2割と低いことが分かりました。滋賀県は飲酒頻度の調査結果も低く、タバコも吸わない・お酒も飲まない、と健康実行力が上位なのだとか。

調査は20~69歳の男女、各都道府県で男女各50名の計4700人を対象に実施。調査結果は「ニッポン健康大調査」としてまとめられています。

ニッポン健康大調査(2019年度)|予防医学のアンファー

https://www.angfa.jp/health_survey/

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング