「イッセイ ミヤケ」のランウェイなきファッションショーが話題に

ガジェット通信 / 2019年10月2日 18時0分

「イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)」の新しいデザイナー、近藤悟史さんのパリデビューとなった、2020年春夏パリ・ファッション・ウイークでのファッションショーが話題となっています。

https://twitter.com/Reuters/status/1177659171426095104

ロイター通信が公開した映像を見ると、通常のランウェイは用意されておらず、ワイヤーで吊られたリングに仕掛けられた服と帽子が上部からパラシュートのように降りてきて、モデルさんたちがすっぽりと服と帽子を被るという演出が施されています。

伸縮性のある服をまとったモデルさんたちは、上下にジャンプしながら最新ファッションをアピールします。また、片方の腕にワイヤーをからませ、そこを支点にくるくると回転するモデルさんもいます。香港映画の使い方とはちょっと違いますが、ワイヤーアクションをうまく取り入れたファッションショーになっています。

https://twitter.com/laqerfeld/status/1177765191938789376

デザイナーの近藤悟史さん。

・来シーズンも楽しみだわ

・蝶がひらひら舞ったりユニコーンが飛び跳ね回るのと一緒で、女性はくるくる回ることでハッピーになれるのよね

・来年東京でオリンピックでしょ。セレモニーでこういうショーをしてくれないかしら

・もっとシルク・ドゥ・ソレイユ的なものを期待してたんだけど

・モデルたちも楽しそうね

・とてもクールだけど、ポケットはついてるの?

・ポンチョだよね!?

・どんな体形でも着れる服だわ。オフィスには不向きだけど、ビーチとか公園にはピッタリ

・1点もののイッセイのドレスを持ってるけど、これも素敵ね

・スーパーモデルたちはスーパーダンサーではないのね

・素晴らしい演出だわ

・すっごい背の高い幼稚園児たちのお遊戯に見えるわ

ショーの動画を見た人達からは、上記のような声が集まっていました。

※画像:Twitterより引用

https://twitter.com/Reuters/status/1177659171426095104

(執筆者: 6PAC)

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング