ポルシェが新型電気自動車「タイカン 4S」を発表 

ガジェット通信 / 2019年10月16日 20時0分

10月14日、ポルシェは新型電気自動車の「タイカン 4S」を発表しました。

パフォーマンスバッテリーを搭載した「タイカン 4S」は、最大出力390キロワット(530馬力相当)で、1回の充電での最大航続距離は407キロとなっています。オプションのパフォーマンスバッテリープラスを搭載すると、最大出力が420キロワット(571馬力相当)、最大航続距離が463キロまで向上します。

上記どちらのバッテリーを搭載しても、時速0-100キロの加速タイムは4.0秒、最高速度は時速250キロとなっています。

専用エアロホイール、LEDヘッドライト、革製インテリア、フロントコンフォートシート、10.9インチインディスプレイなどが標準装備されています。

「タイカン 4S」はすでに注文の受付を開始しており、2020年1月にはヨーロッパ各地のディーラーに納車される予定ですが、日本での販売時期などは不明です。価格は1150万円~となっています。

※画像とソース:

https://newsroom.porsche.com/en/2019/products/porsche-taycan-4s-electric-sports-car-entry-level-model-18901.html

(執筆者: 6PAC)

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング