ハイビジョン録画時代のビデオカセット計画!奥さんに趣味の番組を消されない裏技

ガジェット通信 / 2012年6月19日 5時0分

ハイビジョン録画時代のビデオカセット計画!奥さんに趣味の番組を消されない裏技

テレビ録画がHDDレコーダーに移行して久しい。HDDレコーダーはHDDの容量さえあればいくらでもテレビ番組を録画できるのでつい録りすぎて、見たい番組を探すとき苦労したりする。

昔ならビデオカセットごとに好きな番組を保存しているので、すぐに大好きな番組が見られた。ちなみに筆者は、世界遺産や、サッカー日本代表戦、フィーチャーウェポンといった番組が好きなので、昔のカセットにように簡単にまとめられたら、いつでも直ぐ見られて便利なのにと思ってしまうほどだ。

また、録りためたお気に入りの番組が、知らないうちに家族に消されてしまい悲しい経験をしたという人もいるのではないだろうか。

何かよいものがないものかと、いつものようにネットで検索していたところ、アイ・オー・データ機器のDTCP-IP対応 iVDRスロット搭載ハイビジョンレコーディングハードディスク「HVL-AVSシリーズ」なるものを見つけた。

本製品を使えば、テレビ番組をカートリッジごとに管理できるうえに、パソコンで視聴したり、編集できる機能も実装予定だという。まさに、自分の録画ライブラリ管理には打ってつけのデジタル機器というわけだ。

名付けて、「ハイビジョン録画時代のビデオカセット復活計画」だ。まずは、「HVL-AVSシリーズ」がどれほど便利なものなのかを、ここで紹介しよう。

■録画ライブラリの環境を作ろう

HVL-AVSシリーズは、録画した地デジを家の中でどこでも楽しめるDTCP-IP規格に対応したハイビジョンレコーディングハードディスクだ。

DTCP-IP対応 iVDRスロット搭載ハイビジョンレコーディングハードディスク「HVL-AVSシリーズ」

●ハイビジョン対応のHDDレコーダー「HVL-AVSシリーズ」

本製品は、2テラバイトの内蔵ハードディスクに加え、著作権保護技術「SAFIA」に対応した「iVDR-S」(カセットHDD)を挿し替えてハイビジョン番組の保存ができる。

「iVDR-S」(カセットHDD)を挿し替えてハイビジョン番組の保存ができる

左から機能スイッチ、FAN、リセットスイッチ、LANポート、USBポート、電源コネクター

124/128度CSデジタル放送「スカパー!HD」のハイビジョン番組録画(「スカパー!HD録画」)や、東芝ハイビジョン液晶テレビ〈レグザ〉からの録画、アイ・オー・データ機器の地デジキャプチャー製品を搭載したパソコンからの番組のダビングなどに対応している。

「HVL-AVSシリーズ」のパッケージ

本体には、LANケーブル(ストレートタイプ:1m)、取扱説明書、セットアップガイド(〈レグザ〉版、スカパー!HD版、Wooo版)、ACアダプター、ACケーブル、iVDR-Sロゴシールが付属される。

「HVL-AVSシリーズ」の付属品

なお、本製品には、「iVDR-S」カセットHDD(RMSシリーズ)は添付していないので、別途、対応カセットHDDが必要となる。

●お買い得なセットもあるカセットHDD「RMSシリーズ」

「RMSシリーズ」は、著作権保護技術「SAFIA」に対応した手のひらサイズのカセットHDDだ。

「RMSシリーズ」は、手のひらサイズのカセットHDDだ

アイ・オー・データ機器のハイビジョンレコーディングハードディスク「HVL-AVSシリーズ」などの「iVDR-S」対応機器で録画用メディアとして利用できるほか、「iVポケット」を搭載した日立フルハイビジョンテレビ「Wooo」などで使うことができる。

製品としては、500ギガバイトの容量を持つカセットHDD「RMS-500」(単品)と、パソコンと接続するアダプター付きのカセットHDD2個セット「RMS-500X2.A」が用意されている。

カセットHDD2個セット「RMS-500X2.A」。パソコンと接続するアダプター付きだ

こうしたHDDを個別に使う方法としては、マニアな人に人気の裸族のお立ち台があるが、

HDDをケースレスで使用するので気をつけて扱わないと破損の危険がある。子供がいる家庭での危険度かなり高くなのでの使いづらい。

この「RMSシリーズ」なら、裸族のお立ち台のように、HDDをむき出しで使うタイプではないので、お子さんがいるご家庭でも安心して使うことができる。

裸族のお立ち台「CROSU2」

iVDR-Sって、なに? - ワンポイント

著作権保護技術である「SAFIA」に対応し、本製品や日立のフルハイビジョンテレビ「Wooo」などの対応機器で利用できるカセットHDDのことだ。

手軽で大容量、持ち運びに優れた「iVDR-S」メディアならハイビジョン放送を思う存分、保存して楽しむことができる。

■ケーブル1本で接続できて、すぐに使える

「HVL-AVS シリーズ」は、手持ちの液晶テレビ、またはテレビと同一ネットワークにLANケーブル1本で接続すれば、準備はすべて完了だ。

さあ、早速、実際の使い勝手をチェックしてみよう。

●テレビからダビングできる

HVL-AVSシリーズは、東芝ハイビジョン液晶テレビ〈レグザ〉または日立プラズマ/液晶テレビWooo、シャープ液晶テレビ「アクオス」からHVL-AVSシリーズのHDDへのダビングに対応している。

〈レグザ〉の内蔵ハードディスクやUSB/LAN接続の外付HDD、Woooの内蔵HDDや接続したiVDR-S、アクオスに接続したUSB接続の外付HDDに録画した番組を、HVL-AVSシリーズにダビング可能だ。

テレビ内蔵のHDDや通常の外付HDDは、録画に使用したテレビ以外では再生できないが、HVL-AVSシリーズはDTCP-IPに対応したテレビであれば、テレビが変わっても再生可能だ。録り貯めた番組はVL-AVSシリーズにダビングしておくことで、バックアップができる。

テレビ番組を高速移動(ムーブ)できる

●容量をかんたん増設!カセットHDD

内蔵ハードディスクの容量(2テラバイト)に加え、カセットHDD「iVDR-S」を挿し替えることで、さらにたくさんのテレビ番組を録画できる。

カセットHDD単位でハードディスクの容量増設ができますので、足りなくなったらカセットHDDを購入するだけで手軽に拡張できるわけだ。

また、iVDRスロットにはオートローディング機構を採用しており、カセットHDDを少し押し込んで入れるだけで、iVDR-Sの出し入れが可能だ。まるで、かつてのビデオカセットの出し入れを見ているようで、少し懐かしい。

●自分だけのお気に入りテレビ番組をライブラリ化

カセットHDDの最大の魅力は、自分の好きな番組だけをライブラリ化、見える化できるという、使い勝手の良さだ。

たとえば、残しておきたい好きなドラマや映画などのジャンルごとや家族ごとなどに、カセットHDDに録画番組を移動しておけば、自分だけの「オリジナルライブラリ」が作成できる。

※コンテンツの操作は、パソコンやテレビに搭載のWEBブラウザーから行える

さらにライブラリは、昔のビデオカセットの様に、本棚に整理しておけたりするので、いちいちHDDレコーダーの録画画面をみなくても、見たい番組を目で見て選べるのだ。

自分の録画ライブラリが、カセットのように見てわかる

■自室で録画番組を見よう

「RMSシリーズ」のパソコン接続用「iVDR-Sアダプター」を使うと、「HVL-AVSシリーズ」で録画したテレビ番組を、パソコンでも視聴することができる。

また、自分のライブラリは自室で保管・管理できるので、会社から帰ってきたら録画したはずの番組が消えていたという事態も、もうなくなるというわけだ。

パソコンを使うメリットの一つで、編集機能も実装予定だという。録画した番組の不要なCMなどをカット編集することができれば、自分のお気に入り番組がさらに愛着のあるものになるだろう。

「iVDR-Sアダプター」があれば、録画したテレビ番組を、パソコンで視聴できる

※画面ははめ込み合成

気になる「HVL-AVSシリーズ」の実売価格は2万6,800円。2万円台で、DTCP-IP規格に対応した2テラバイトの内蔵HDDに加え、カセットHDDでライブラリを構築できる多機能なHDDレコーダーが購入できることを考えると、お買い得感がある。

また、500ギガバイトの容量を持つカセットHDD「RMS-500」が実売価格7,300円前後、カセットHDD2個セット「RMS-500X2.A」がパソコンと接続するアダプター付きで実売価格1万5,000円前後となっている。テレビ番組のライブラリ化を考えると、2個セットのほうが、断然、お買い得だ。

※価格は原稿執筆時の価格であり、常に変動する

つかったものは、こちら

DTCP-IP対応 iVDRスロット搭載ハイビジョンレコーディングハードディスク「HVL-AVSシリーズ」

フルハイビジョン録画対応!iVポケット搭載機対応カセットHDD(iVDR-S)「RMSシリーズ」

「HVL-AVSシリーズ」があれば、テレビ番組を録画して、海外ドラマ、サッカー中継、世界遺産、鉄道といった具合に、番組ごとにライブラリ化して管理できる。

折しもロンドンオリンピックが2012年7月27日に開幕される。4年に一度のビッグイベントを、記録として残しておくのにも便利に使えるだろう。

アイ・オー・データ機器

取材協力:Q&Aコンセプトハウス NEXT

(http://news.livedoor.com/article/detail/6667739/)

※表示 - 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング