いまさら聞けない『LINE』の魅力って何?

ガジェット通信 / 2012年7月17日 20時0分

いまさら聞けない『LINE』の魅力って何?

『LINE』が好調だ。『LINE』は通話やメッセージの送受信ができるコミュニケーションサービス。当初はスマートフォン向けにアプリがリリースされ、現在はPC用もある。ありがたいことに利用料は基本的に無料で、特に中高生を中心に圧倒的な支持を得ている。

といっても、通話やメッセージの使い道は携帯電話に最初から搭載されている電話とメールとほぼ同じと考えてよく、『LINE』自体に目新しさはない。無料で利用できるという点でも、すでにSkype等の先行サービスがある。しかしながら今注目を集めているのは『LINE』だ。これはいったいどういうことだろうか。

『LINE』はとにかく伸び率がすさまじく、今年6月の時点で全世界での登録ユーザー数は4500万人を超えているという。その勢いに乗ってか、『LINE』のSNS化も先日発表された。要は電話やメールのように使えるだけでなく、mixiやFacebookのようにも使えることになるわけである。正直なところ、電話やメールやSkypeやmixiやFacebook等をすでに利用している身としては特に目新しさは感じない。ないのだが、『LINE』を利用しているユーザーは非常に多く、これからも増え続けるだろう。

その理由として次のものが考えられる。

1)利用登録が簡単

2)スマホのアドレス帳と連携

3)芸能人や企業とのコラボ

4)妙な味わいのメッセージ用スタンプ(メッセージに付けられる大きな絵文字のようなもの)

と考えると、一応『LINE』も導入しておいた方が不便はないよなーと、本音では思うのである。とはいえ導入はしたものの、筆者自身は今のところほとんど使っておらず、結局必要ないまま終わることもありうるが、そんなのたとえば、ビジネス本やハウツー本を何冊も読んだけど全然金持ちになれないとか、奮発してオシャレな店に予約入れたけどドタキャンされたとか、ほかの分野でもいっぱいあったでしょ?

となると、『LINE』も導入するだけしておけばいいんじゃなかろうか。自分からは使わなくても、使ってる友人知人があなたへ連絡をとりやすくなる、というメリットはあるし。個人情報を預けるので不安もあるだろうけど、それもほかのサービスと一緒です。

(田中 元)



【関連ニュース】

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング