影の主役はトラチとドラチ!? 「KING OF PRISM ALL STARS -プリズムショー☆ベストテン-」 完成披露試写会レポート

ガジェット通信 / 2020年1月9日 8時30分

1月7日、新宿バルト9にて「KING OF PRISM ALL STARS -プリズムショー☆ベストテン-」 完成披露試写会が行われました。完成披露試写会では、上映前に寺島惇太さん(一条シン役)、畠中祐さん(香賀美タイガ役)、武内駿輔さん(大和アレクサンダー役)が登壇。今作の感想や、シリーズ4年間の思い出を語りました。

「KING OF PRISM ALL STARS -プリズムショー☆ベストテン-」は、2016年1月公開の劇場版「KING OF PRISM by PrettyRhythm」からはじまった「KING OF PRISM 」シリーズ4年間の集大成とも言える作品。これまでの作中で披露された“プリズムショー”の中からファン投票でベスト10に選ばれたショーが上映されます。

笑いあり涙あり…… “キンプリ”4年間の集大成!

本作の魅力について質問されると、寺島さんは「もともといろんなプリズムショーがぎゅっとつめこまれたキンプリの美味しいところだけをぎゅぎゅっと詰め込んだ本当に贅沢な一品となっていると思います」、畠中さんは「ショーをこれだけ浴びるとどっと疲れるなと。一人ひとりのショーに物語があるので、それを思ってみると感慨深いところもあったり、胸が熱くなったり、そういうのも振り返られるのですごくいいなと思いました」、武内さんは「振り返りももちろんですし、新しく追加されるシーンもあって、振り返るだけじゃない作品です。タイガとトラチ、ドラチのやりとりも入っていたりして、コメディあり、涙もあり、みたいな内容になっていると思います」と、それぞれコメントしました。

トラチとドラチの話になると寺島さんは「ある意味トラチとドラチが主役かもしれないですね。TVシリーズ後に一番働いてたのはトラチとドラチですよね。写真とかキャンペーンとか。トラチとドラチの1年間の集大成になっている」と本作の隠れた見どころを語りました。

新規のアフレコ部分については、畠中さんは「こんなにトラチとドラチと絡めるのかと思いました。そこで絆が確認できた内容になっていると思います」、続けて武内さんも「アレクもいつもどおり仲良くやっている感じですかね。そういうやりとりにドラチが加わったコメディに期待してもらいたいです」とコメントしました。

新作パートについて聞かれた畠中さんは「一言でいうと肌色ですかねえ」とコメント。意味深な発言ながらも、なんとなく察した会場のファンたちの笑いを誘いました。

続く、4年間のキンプリを漢字1文字で表すという企画では、寺島さんが「変」、畠中さんが「奇」、武内さんが「応」とそれぞれ回答。武内さんは「4年間の応援が原動力で走ってこれました。広まるきっかけになったのもファンの方々の応援がすごかったからだと思います」とコメント。畠中さんは「奇襲のような、心の隙間にガンガンストレートパンチを入れてくるような作品。人と人とのつながりで育ってきて、いろんな物語が生まれたと思うので、そんな奇跡、奇襲、いろいろな意味を込めての“奇”」とコメントしました。

最後の寺島さんは「やっぱり変な作品なんです。“なんか変だけど面白い”からすべてが始まって、4年間でみんなの心が変化していって、無くてはならないものに変化していった。でも、監督は“変ですか?”と。プリティーリズムのころからやってましたから、僕たちは何も変わっていないと。変わらないものを貫いていった結果、周りが変化して、受け入れて、ここまで大きくなった」とそれぞれ文字に込めた思いを語りました。

今年1年をどんな「キンプリ」の年にしたいですか?という質問に寺島さんは「2016年に始まったときにはオリンピックまで続けられたらいいね、と笑っていたんですが実際に来てしまいました。世界の人が日本に注目しているので、ジャパニーズ文化の最先端を走るキンプリとして世界進出していきたいです」と意気込みを語りました。

フォトセッションの時間には香賀美タイガと大和アレクサンダーのペアともである、トラチとドラチが登場。すると、会場からは今日一番の大きな歓声が上がりました。畠中さん、武内さんがそれぞれのペアともをエスコートしている姿を見て、寺島さんから思わず「俺も欲しくなってきたなあ」との声が漏れるほど可愛らしく尊い様子のフォトセッションタイムでした。

「KING OF PRISM ALL STARS -プリズムショー☆ベストテン-」は、2020年1月10日(金)より全国公開。

「KING OF PRISM ALL STARS -プリズムショー☆ベストテン-」作品情報

ノンストップのステージはあなたを煌めきの彼方へ

<キャスト>

一条シン:寺島惇太

太刀花ユキノジョウ:斉藤壮馬

香賀美タイガ:畠中 祐

十王院カケル:八代 拓

鷹梁ミナト:五十嵐 雅

西園寺レオ:永塚拓馬

涼野ユウ:内田雄馬

如月ルヰ:蒼井翔太

大和アレクサンダー:武内駿輔

高田馬場ジョージ:杉田智和

神浜コウジ:柿原徹也

速水ヒロ:前野智昭

仁科カヅキ:増田俊樹

トラチ:渡部優衣

ドラチ:緒方恵美

<主題歌>

「LOVEグラフィティ」/ SePTENTRION

(CV.寺島惇太、斉藤壮馬、畠中祐、八代拓、五十嵐雅、永塚拓馬、内田雄馬)

原作:タカラトミーアーツ/シンソフィア/エイベックス・ピクチャーズ/タツノコプロ

制作:ODDJOB Inc. / タツノコプロ

配給:エイベックス・ピクチャーズ

製作:キングオブプリズムAS製作委員会

2020年1月10日(金)より全国公開

https://kinpri-allstars.com/

Twitter @kinpri_PR

(C)T-ARTS / syn Sophia / エイベックス・ピクチャーズ / タツノコプロ / キングオブプリズムAS製作委員会

関連記事:

「せーのっ ダイスキ♪」寺島惇太が指ハート飛ばしまくりの新曲初披露!劇場版「KING OF PRISM」イベントでトラチ・ドラチと初対面

https://otajo.jp/83683

「キンプリはいいぞ」からの快挙! 興行収入2.5億円突破! 映画『KING OF PRISM by PrettyRhythm』サンキュー舞台挨拶レポート

https://otajo.jp/58455

【動画】なる&おとは感涙『キンプリ』女子祭・男子祭 舞台挨拶レポート「本当に幸せ!」

https://otajo.jp/69528

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング