手作りマスクの「ゴム」どうしてる? タイツを使った裏ワザに大反響

ガジェット通信 / 2020年3月31日 17時30分

新型コロナウイルスの感染拡大により、深刻化しているマスク不足。これにともない「手作りマスク」を作る人も増えてきましたが、今度はその材料も品薄になる事態となっています。そんな中、フードコーディネーターの本田 淑美さん(@mogu_honda)が公開した代用アイデアがTwitterで大きな注目を集めていました。

https://twitter.com/mogu_honda/status/1244129699598487559

ある日手作りマスクを着けて買い物をしていたという本田さん。すると突然年配の方に声をかけられ、手作りマスクの「ゴム」をどのように代用しているのかたずねられたのだとか。

その質問に対して本田さんは、

タイツを1センチ幅で切って両端を引っ張るとキレイな輪っかになり、耳も痛くなくて本当に便利ですよ

と得意げに回答。年配の方の反応について、

驚かれていましたが、解決となったようでとても喜んでくださいました^ ^

良い知恵はお裾分けしなくちゃですね

とリプライ欄でつづっていました。

本田さんが実際に作ったマスクがこちら。布マスクなので、洗って繰り返し使用可能です。

ゴム以外の小ワザとして、「表と裏布の間に換気扇のフィルターを挟むと効果が高まる」という看護師さんからのアイデアも教えて頂きました。

ちなみにこちらの武士柄のマスクは、「コロナを斬る」をテーマにしているとのことです。

身の周りにあるもので簡単に作れるうえに実用性も高いアイデアは、Twitterで大反響。ツイートを見た人からは以下のような反応が寄せられていました。

・これは!ずっと探してたゴム紐の代用品!耳が痛くならないのは有難いです(触覚過敏を持つ我が子が付けられるマスクを作りたいんです)

・(投稿者)お子様向けだと足首に近いところが緩まず良いかもです^ ^

もし緩くても簡単にクルッと巻いて対処出来ます。ぜひお試しください

・素晴らしい工夫ですね!早速やってみます!!

・盲点でした! 輪っかのヘアゴムは肌に痛かったので試してみます。タイツはヘアバンドにもなるしヘアゴムにもなるしババシャツにもなるし、今回新たにマスクのゴムになるという万能グッズだと再認識しました!

・ギスギスした情報が多い中でもそういう人間同士の助け合いの情報に心暖まりました。

https://twitter.com/mogu_honda/status/1244394698736668674

※画像提供:本田 淑美 キッチンスタジオmogu(@mogu_honda)さん

https://twitter.com/mogu_honda

(執筆者: しゃむ)

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング