新型コロナウイルスを皮肉った映画のタイトル「#QuarantineAMovie」

ガジェット通信 / 2020年4月2日 19時0分

新型コロナウイルスを皮肉った映画のタイトルをツイートする「#QuarantineAMovie」というハッシュタグがなかなかの盛り上がりを見せています。

https://twitter.com/attia2098/status/1245070178720899072

『ブリジット・ジョーンズの日記』は、『Bridget Jones’ Quarantine Diary: Love Under Lockdown(ブリジット・ジョーンズの隔離日記:ロックダウン下の愛)』となります。

https://twitter.com/fragglerocque/status/1245044469088415744

『星の王子 ニューヨークへ行く』の原題は『Coming to America(アメリカへ行く)』なのですが、外国人のアメリカへの入国が禁止となったことで、『Nobody’s Coming to America(誰もアメリカへ行かない)』に。

https://twitter.com/mattseroski/status/1245056919003377664

『スタンド・バイ・ミー』の原題『Stand by Me(そばにいて)』も『Don’t Stand By Me(そばにくるな)』になりました。社会的距離を保ちなさい、さもなければ撃つぞということが現実になってしまうのもアメリカという国です。

https://twitter.com/BadPunElephant/status/1245055117457530882

パニック買いで瞬時に店頭から姿を消すトイレットペーパーは、『60セカンズ』の原題『Gone in Sixty Seconds(60秒で消える)』そのままです。

https://twitter.com/realellep/status/1245066997496414208

『アイス・エイジ』の原題『Ice Age(氷河期)』は『Ice-olation-Age(隔離期)』になります。

その他にも、

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』→『スパイダーマン:ステイ・アット・ホーム

『ティファニーで朝食を』→『ティファニーで朝食も昼食も夕食も

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』→『バック・トゥ・ザ・ノー・フューチャー

『ソーシャル・ネットワーク』→『ソーシャル・ディスタンシング・ネットワーク』

といったツイートが見受けられました。

記事執筆時点でも新規ツイートが続々と集まっています。

※画像:Twitterより引用

https://twitter.com/attia2098/status/1245070178720899072

(執筆者: 6PAC)

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング