おめでとうiPhone! やっとAndroidに追いついたね

ガジェット通信 / 2012年9月13日 21時30分

おめでとうiPhone! やっとAndroidに追いついたね

ウワサどおり12日に発表となった『iPhone 5』。プライベートではAndroid持ちで、最近編集部で共用している『iPhone 4S』を触っている筆者ですが、iPhoneで物足りないなあと感じていた部分が『iPhone 5』でだいぶ改善される印象を持ちました。そんな『iPhone 5』でAndroidに追いついた機能をまとめてみます。

●4インチディスプレーに大画面化

本体が縦長になったことにより、ディスプレーサイズは3.5インチから4インチに大画面化。4.3インチのAndroidをふだん触っていると、『iPhone 4S』は「画面小さいなあ」と思っていたんですよね。画面サイズが対応したアプリは発売時にはそろっていないかもしれませんが、動画をより大きな画面で見たいというユーザーにはうれしいサイズアップではないかと思います。片手で操作できるように本体の横幅を変えなかったという点も好感が持てますね。

Androidスマートフォンでは『GALAXY S III』が4.8インチ、『JOJOスマホ』のバージョンでも知られる『Optimus Vu』が5インチと、4インチ台後半から5インチのものが増えてきていますが、個人的には片手で操作するなら4.3インチぐらいまでがちょうどよいのではないかと思います。次の『iPhone 6』でさらに大画面化するとしたら、横幅そのままでさらに縦長になっていくんですかね……。

●LTEに対応 テザリングもOK?

高速通信が可能なLTEへの対応は『iPhone 5』の大きなトピック。ソフトバンクとKDDIがLTE対応を表明していましたが、今日にはKDDIが21日の『iPhone 5』発売に合わせてLTEサービスを開始すること、さらに料金まで報じられています。

KDDI、LTE定額5985円 21日 iPhone5発売 (日本経済新聞)

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM1305D_T10C12A9EB2000/

au向けの端末ではテザリングも可能になっていることが話題になっていますね。ドコモのAndroidスマートフォンはLTEサービス『Xi(クロッシィ)』に対応する端末でテザリングも可能になっていますが、ようやくiPhoneユーザーもLTEでテザリングできる環境になりそうです。

au版iPhone 5のLTEエリアは、テザリング対応はどうなるのか――KDDI 田中社長に直撃 (ITmedia Mobile)

http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1209/13/news087.html

●Lightningでドックが小型化

「なんでこんな横長の使ってるんだろう」と不思議だったドックコネクタは、スリムなLightningコネクタに。しかも差し込みに裏表がないというのはうれしいですね。従来のドックコネクタ対応のアクセサリーを使う場合は、別売りの変換アダプターを使えば利用可能。でも本体に『iPhone』を直接ドッキングさせるオーディオとかはどうなるんだろう……。

AndroidはmicroUSBなので、ほかの機種を使っている人にも「充電したいからちょっとケーブル貸して」と汎用的に使えるのがメリット。なんでアップルはmicroUSBに対応しないのでしょうか。

●3Dマップは一部対応?

iOS6で目玉という新しいマップアプリ。Androidでは『Googleマップ』で利用できた3DビューにiOS6で対応しましたが、iOS6では『Googleマップ』の機能が提供されないのは先日記事にしたとおり。この3Dビュー、日本では「建物の3D表示」が利用できないようなのです。

iOS6で利用できる機能(アップル)

http://www.apple.com/jp/ios/feature-availability/

せっかくの目玉機能が日本ではすべて使えないのはちょっとさびしいですね。追って対応する予定なのかもしれません。「地図がスカスカ」というお話もありますが、『iPhone 5』発売の21日にはどうなっているのでしょうか。

『Googleマップ』がない『iPhone』は必要ですか?

画像:アップルより引用



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング